グリーンランド二日早い日の出 原因は気候変動

2011年01月27日 00:11

珍しく火消しに回ります。

2012年の人類滅亡説の一つに、ポールシフトがあります。
ポールシフトには、大きく分けて、「自転軸のポールシフト」と「地磁気のポールシフト」が存在します。
少なくとも、現在の科学でも過去に地磁気のポールシフトを何度も地球がしている事が証明されています。

 事の発端となったのはこのニュースですが、良く読んでみるとグリーンランドの現状が見えてきます。
 グリーンランドで「極夜」が二日早く明ける と言うミステリアスなニュースです。




The sun rises two days early in Greenland, sparking fears that climate change is accelerating
グリーンランドで二日早く太陽が登った、気候変動が加速かと懸念


By Daily Mail Reporter
Last updated at 4:29 PM on 14th January 2011

The sun over Greenland has risen two days early, baffling scientists and sparking fears that Arctic icecaps are melting faster than previously thought.
グリーンランドでの太陽が2日早く観測され、困惑した科学者達は予測よりも北極圏の氷山が早く溶けているのではないかと懸念している。
Experts say the sun should have risen over the Arctic nation's most westerly town, Ilulissat, yesterday, ending a month-and-a-half of winter darkness.
専門家によれば、グリーンランドの最西端にあるイルリサットで、昨日、1か月半に渡る極夜が明けた。


大きな地図で見る

But for the first time in history light began creeping over the horizon at around 1pm on Tuesday - 48 hours ahead of the usual date of 13 January.
しかし、観測史上で初めて、光は1月13日(木曜日)の例年の48時間前にあたる火曜日午後1時頃に地平線が白み始めた。
The mysterious sunrise has confused scientists, although it is believed the most likely explanation is that it is down to the lower height of melting icecaps allowing the sun's light to penetrate through earlier.
ミステリアスな日の出は科学者達を混乱させ、最も妥当な説明は、氷山が溶けて低くなり、太陽が例年より早く差し込んだ とされている。

greenland 1

Thomas Posch, of the Institute for Astronomy of the University of Vienna, said that a local change of the horizon was 'by far the most obvious explanation'.
ウィーン大学の天文学研究所の "Thomas Posch" 氏は、グリーンランドの地形変化が「最も妥当な説明だ」と言明した。
He said as the ice sinks, so to does the horizon, creating the illusion that the sun has risen early.
同氏は、氷が沈み込み、太陽が早く登ると言うイリュージョンが起きた と説明している。

greenland 2

This theory, based on the gradual decline of Greenland's ice sheet, is backed by recent climate studies.
この理論はグリーンランドの氷床減少がベースになっており、最新の気候研究で顧みれる。
A report by the World Meteorology Organisation shows that temperatures in Greenland have risen around 3C above average over the last year.
世界気象機関(WMO)による報告では、グリーンランドの気温は去年より平均3℃上昇している。
It also reported that December was much warmer than usual with rainfall instead of snow recorded for the first time in Kuujjuaq since records began.
12月にクージュアク(カナダ 場所は地図参照)で、雪の代わりに雨が降り例年より暖かったと言う報告もされている。


大きな地図で見る

It has even been suggested that the sun's early appearance could have an astronomical explanation.
太陽の早期観測が、天文学的に説明出来ないかと提案もなされている。
But Wolfgang Lenhardt, director of the department of geophysics at the Central Institute for Meteorology in Vienna, scotched this theory.
ウィーンにある地球物理学中央研究所所長"Wolfgang Lenhardt" がこの説を押しつぶした。
He said: 'The constellation of the stars has not changed. If that had happened, there would have been an outcry around the world.
「星々の位置は変化していない。仮にそうだったなら、世界中で騒ぎたてるだろう。」と発言した。
'The data of the Earth's axis and Earth's rotation are monitored continuously and meticulously and we would know if that had happened.'
「自転軸と回転のデータは、継続的かつ正確に観測されており、何かが起きればすぐに分かるだろう」

↓英文 元記事
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1346936/The-sun-rises-days-early-Greenland-sparking-fears-climate-change-accelerating.html





少なくとも、現在の所、自転軸のポールシフトは起きていないようです。
ただ、気候変動は、ほうぼうでニュースとして報道されており、”観測史上初”という触れ込みは、もう珍しくありません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。