元米高官証言「沖縄で枯れ葉剤散布」 と GMO、TPP問題

2011年09月20日 00:00

ヤプログからSeesaa(シーサー)へ引っ越ししたので、少しは沖縄問題に触れなければ・・・。
拡散希望とあったので、転載します。


元米高官証言「沖縄で枯れ葉剤散布」

2011年9月6日 09時32分


【平安名純代・米国特約記者】米軍がベトナム戦争での実戦を前提に、1960年から約2年間にわたり、国頭村と東村の米軍北部訓練場内と周辺一帯で猛毒のダイオキシンを含む枯れ葉剤「オレンジ剤」の試験散布を実施していたことが5日までに分かった。当時の枯れ葉剤散布作戦の立案に関わった米陸軍の元高官が沖縄タイムスの取材に対して明らかにした。

 米軍は61年から始めたベトナムでの枯れ葉剤作戦の本格展開を前に、沖縄でその効果を試していた。沖縄での枯れ葉剤使用に関する公式記録がないことから、これまで米軍は作戦そのものを否定してきたが、今回の証言はこうした事実の立証につながるものといえそうだ。

 米軍が沖縄に枯れ葉剤を貯蔵、散布していた事実は当時作業に携わった元米兵らが証言しているが、散布を裏付ける元当局者の証言は初めて。

 作戦が立案された背景について元当局者は、「南ベトナム解放民族戦線が潜むジャングルの絶滅を目的としていた」と説明。北部訓練場を選んだ理由について「制約もなく、気候や立地状況などがベトナムのジャングルに似ていたことから、実戦を想定したものだった」と述べた。

 初期段階での散布には、米陸軍化学兵器部隊が立ち会い、データの収集などを行ったという。

 試験散布の詳細について、「散布から24時間以内に葉が茶色く枯れ、4週間目にはすべて落葉した。週に1度の散布で新芽が出ないなどの効果が確認された。具体的な散布面積は覚えていない」と話した。収集したデータは、ベトナムでの作戦に反映されたという。

 米軍の枯れ葉剤散布はこれまでに、オーストラリア(66年)、カナダ(66〜67年)、韓国(68年)で各国の軍関係文書などでそれぞれ確認されている。沖縄での枯れ葉剤使用については、元米兵らが証言してきたものの、散布を示す公式書類がないことから使用そのものを否定している。


↓元記事 沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-09-06_23051/







 正直、やっぱりか・・・が感想です。
 それにしても、一昔前だと一面を飾るスクープ記事になり得る記事ではないかと・・・。
 勿論、大手メディアがこの記事を報道した形跡は無い。
 
 因みに、枯れ葉剤でぼろ儲けした企業は、あの モンサント です。

 陰謀論抜きで、モンサントにはロックフェラー財団が直接絡んできます。今や世界の農業界の帝王です。

 モンサントでピンと来ない方は、ホームセンターや薬局で置いてある除草剤のラウンドアップなどの農薬を作っている会社です。
 現在は、農薬以外にも GMO(遺伝子組み換え農作物) でヨーロッパを中心に問題視されています。

 具体的には、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)がGMOとセットになっている。メキシコとアメリカは、既に食べ物から国として崩壊している と国内外から声は上がっている。今後、低線量被曝よりも恐ろしい結果がアメリカ・メキシコで巻き起こるだろう。
 そしてその事実は、日本を含めて大手マスコミから報道される事はまずないだろう。


GMOに関する話は過去記事から、こちら
【再UP】 鳥、動物 大量死に アメリカ農務省が関与






 野田政権がこのTPPにどう対処するのか?実は、世界が注目している政策の一つだ。

 日本では、経団連の米倉会長が強力なTPP推進派で目立つのだが、経済界全体がTPPに賛成しているのか?となると微妙な話しか聞こえて来ない。

首相、TPP参加に慎重姿勢 経団連会長との会談で

2011.9.12 12:17

fnc11091212200008-p1.jpg 経団連の米倉弘昌会長は12日、野田佳彦首相を官邸に訪ね、当面の経済運営について意見交換した。席上、米倉会長は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加問題について「10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)が重要なタイミングだ」と述べ、日本の早期参加を促したが、野田首相は「バランスをとって考えたい」と述べるにとどめ、慎重姿勢を示した。

 米倉会長はまた、先週、日中経済協会が訪中した際に面談した李克強副首相が「日中間の戦略的互恵関係を新しいレベルに引き上げたい」と述べていたことを伝達。来年の日中国交正常化40周年に向け、経済界も相互交流を深める考えであることを表明した。

 野田首相は「諸課題にスピード感を持ってあたりたい」と決意を示し、「成長戦略の実現と財政再建のバランスをとって進めていきたい」と語った。


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110912/fnc11091212200008-n1.htm



世の中、記事が小出しにされて報道されるが、繋がっていないようで、実は大きな流れでは繋がっている。

少なくとも、GMOに関する話には注意しておきたい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226719536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。