【閲覧注意!】 一目瞭然! 中国の環境汚染状況

2012年01月31日 23:55

 中国の環境汚染に触れる機会が少ないのですが、それだけ世の中に問題が山積している事が覗えます。
 「日本の食品が放射能汚染され、中国の方が安全だ」 との書き込みを見かけますが・・・。


 色々書いても仕方有りませんので、写真を並べておきます。

 お食事前の皆さんは、見ないで下さいね。






イギリスBBCでも報道され、世界的に認知されている太湖の汚染。

薬品と違法農薬で緑色に染まった 太湖.jpg
写真1: 薬品と違法農薬で緑色に染まった 太湖

緑のペンキでは無く 太湖.jpg
写真2: 緑のペンキでは無く 太湖


( ̄□ ̄;) 綺麗に着色されてるなぁ〜

(´・ω・`) これ、薬品の色だよ〜


赤く染まった黄河支流 中国.jpg
写真3: 真っ赤に染まった 黄河の支流

ピンク色に染まった河川 中国・広州.jpg
写真4: ピンク色に染まった河川 中国・広州

光化学スモッグにより 昼間も暗闇の北京市.JPG
写真5: 光化学スモッグにより 昼間も暗闇の北京市

2006年ロイターが報じた 中国・湖北省の川魚大量死.jpg
写真6: 2006年ロイターが報じた 中国・湖北省の川魚大量死

衛星写真で見た 黄海.jpg
写真7: 衛星写真で見た 黄海


(*゚ロ゚)!!!!! か・・・海流は!?

(´・ω・`) 日本にも来てるよ・・・







日本の四大公害病「水俣病、第二水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそく」も、真っ青になる状況です。
被害者の写真は敢えて貼り付けませんが、間違っても中国の食品が安全だとは思わないで下さい。

少し考えて下さい。
中国の安価なコメが豊富にあるのに、ただ美味しいだけで日本の高いコメを大量に買うでしょうか?

中国人も公安が怖くて口に出さないだけです。

本当は・・・。


↓YouTUBE 『 中国産違法殺虫剤 米ニューヨークで摘発 』

http://youtu.be/kxlpfNp7uUk










どうしても、ご覧になりたい方にのみ提供します。

中々報道されない、中国の現実です。


動物・人体への影響

↓YouTUBE 『 人体を蝕む中国での環境破壊 』

http://youtu.be/jJX-T22PJFo


 広大な国土を有する中国ですが、まともに暮らせる居住区や農地、漁場を自ら削っています。
 世界的な分析では、今後の中国は環境汚染による後処理によって、累積されたGDPの大半が消えていくと分析されています。
 また、安全な土地を求めて、近隣国に侵略拡大を行うとも分析されています。

 日本の水源を買い漁っているのは、日本を制圧する国家戦略以外にも、安全な水の確保の意味合いも含まれます。
 危険を冒して尖閣諸島近海まで漁に来るのは、沿岸部の魚は汚染され尽くして食用に向かなくなった との情報もあります。
 
 中国側に土地や水源を、明け渡すのは賢明な選択ではありません。
 残酷ですが、シャットアウトすれば「安全な食べ物」と「安全な水」と「安全な土地」は外交上の武器になります。
 (「酷い!」と思うなら、中国政府を非難すべきです。
  明らかに無策・放置している中国政府の責任であり、他国が貴重な土地や水源を提供してまで援助すべき話ではありません。
  日本も海洋・大気汚染の迷惑を被っています。大規模調査を行い、賠償金を請求しても良い話になります。)
 
 今の内に、防衛を強化しなくて良いのですか?
 
 民主党さん・・・
posted by オオルリ@卍解 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中3の日本人です。
先月太湖に行ってみましたが最悪でした。
池から10mはなれたところでも悪臭がプンプンしていました、、
何よりも驚いたことは池のすぐ隣にあったボロい料理屋さんが汚染されて緑色に染まった水をバケツに汲んでその水で床をモップ掛けしてその水を池に戻していくところでした、、、
Posted by 藤原 智明 at 2013年11月03日 21:47
貴重なコメント、ありがとうございます

おそらく、現地の方々はそのような生活サイクルで暮らしていたのでしょうね。

3.11や原発事故でもそうですが、常況が一変しているのに、対応や理解できない人が多過ぎますね・・・
Posted by オオルリ@卍解 at 2014年02月19日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261142909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。