さよならぼくたちのてれびきょく - 初音ミク

2013年04月17日 23:59

 相変わらず嫌なニュースが続きます。
 
 気分転換に、ネットで神曲と評されている曲を紹介致したいと思います。

 作詞作曲は「 ほぼ日P 」さん。謎の多い人です。
 
 唄は、初音ミク
 初音ミクは、ボーカロイドのこと。(つまり、コンピューターによる音声合成で歌っています)


 賛否両論あろうかと思われますが、一つの新しい社会現象と捉えてご試聴頂けると幸いです。

 それでは、お時間の許す限りどうぞ。






<YouTube版>

↓YouTUBE 『 【初音ミク】さよならぼくたちのてれびきょく【オリジナル】 』

http://youtu.be/Xb1anid8SF8



さよならぼくたちのてれびきょく

作詞・作曲 : ほぼ日P

唄 : 初音ミク



ひょうきん族みたいな番組を
作りたくて入ったテレビ局
思い通りにはならなかったけれど
テレビの仕事が好きだった

タレントたちと朝まで飲んだり
女優さんと仲良くしたり
ぎょーかい人ともてはやされてた
あの頃が人生のピークだった

かの国の資本に買い取られてから
実態のないブームの捏造のために
嘘のアンケート結果やサクラを動員した
プロバガンダの片棒担いでた

さよなら僕たちのテレビ局 日本人のためのテレビ局
何も知らない子供たちは テレビの言うこと真に受けて
かの国に憧れ抱くんだろう
さよなら僕たちのテレビ局 夢が詰まっていたテレビ局
楽しくなければテレビじゃない そんな言葉が今は虚しい
だから今は忘れてしまおう

楽しいことばかりじゃなかったけど
逃げ出したくなることもあるけど
テレビを見て喜んでくれてる
子供たちの笑顔に支えられた

かの国の露骨な工作批判した
タレントが所属事務所から解雇されて
これはおかしいと思っても 声に出すことができず
誰もが息を押し殺してた

さよなら僕たちのテレビ局 日本人のためのテレビ局
スポンサーはみんな離れてかの国のCMばっかり
こんな未来望んでいただろうか
さよなら僕たちのテレビ局 今は変わり果てたテレビ局
日本人の社員たちは 次々に職を追われていった
今じゃもう外国のテレビ

日本人社員だけが集められた会議室で
ベテランの鬼プロデューサーが
壁のホワイトボードに「ニッポン万歳」と書いて
嗚咽漏らし泣き崩れた

さよなら僕たちのテレビ局 日本人のためのテレビ局
次の世代の子供たちに 僕ら何を残せるのだろうか
本当のことを伝えたいんだ
さよなら僕たちのテレビ局 夢が詰まっていたテレビ局
楽しくなければテレビじゃない もう一度この場所に帰ろう
きっといつか戻ってくるから

さよなら僕たちのテレビ局







 歌詞が事実かどうかは別として、夢を持って在京テレビ局に入社した人達の落胆は激しい物でしょうね・・・
 容易に想像出来ます。


 私もほとんど在京のテレビ番組を見ていません。
 日本人として、既に見る価値のある番組はほとんどありません。






<ニコニコ動画版>









参考ページ

↓フジテレビ不視聴運動 と 電通の罠
http://ooruri777.seesaa.net/article/219345848.html



<参考サイト>


↓ついに白日の下に晒された日本のマスコミの支配者 電通の正体
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-390.html


↓日本の政治が良くならない理由−マスコミの真実
http://kenshin.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/09/post_a0a3.html


↓国民が知らない反日の実態 『電通の正体』
http://www35.atwiki.jp/kolia/?cmd=word&word=%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%B3&type=normal&page=%E9%9B%BB%E9%80%9A%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93



↓創価北朝鮮学会の三色旗の秘密
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sanshoku.htm


↓創価学会は北朝鮮宗教である
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm


↓印刷費・広告費の巨大金脈が大手メディアの創価学会迎合を生む
http://www.forum21.jp/contents/contents9-15.html



↓聖教新聞印刷委託先リスト、及び部数の推測。 (大日本セキュリティ)
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10138722583.html


↓右翼の正体
http://www.geocities.jp/uyoku33/


↓街宣右翼の正体
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/chousenuyoku.html
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。