ソフトバンクの闇と陰 その2 ソフトバンクテレコム、韓国KT社と合弁会社設立:データセンターを韓国へ

2013年05月15日 20:01

 一応、前回からの続き・・・

 【関連記事】: ソフトバンクの闇と陰 その1 AUによるiPhone5参入の余波

 色々と世の中で起こり過ぎて、止まっていたシリーズ。断続的に再開致します。






 この話も2011年辺りに報道されたのですが、その後大手メディアから報道される機会が激減しました。






3.11後 ソフトバンクテレコム:韓国の釜山にデーターセンター新設計画を発表


ソフトバンク、日本企業の情報を韓国のデータセンターで保管する事業を始める

2011/05/30(月)


a0028694_4154665.jpg東日本大震災をきっかけに企業が社内情報などを分散して保管する動きが広がるなか、大手通信会社の「ソフトバンクテレコム」は、韓国最大の通信会社と提携して日本企業の情報を韓国のデータセンターで保管する事業を始めることになりました。

発表によりますと、ソフトバンクテレコムは、韓国最大の通信会社「KT」と合弁会社を設立して、韓国のデータセンターで日本企業の社内情報などを保管するサービスをことし7月から始めます。

両社は、韓国のプサンに新たにデータセンターを建設するとともに、九州と韓国の間で専用の通信回線を設置することにしています。

両社によりますと、韓国では日本よりも電気料金が安いためデータセンターの利用料金を比較的安く設定できるということです。
東日本大震災をきっかけに企業の間ではバックアップのため社内情報などを分散して保管する動きが広がっています。

ソフトバンクグループの孫正義代表は「海外にデータセンターを持つというのは、日本で大規模な災害などが起きた際に企業の事業を継続するうえで重要な戦略になると思う」と話しています。


↓元記事 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110530/t10013204711000.html



 かなり探したのですが、古いことも手伝って報道記事は消されていますね・・・

 色々とややこしい話も出てきますが、順を追って説明していきます。






 合弁会社「KT」の問題性が見えないと、この問題が見えません。
 最後にとっておきたいネタなのですが、先に説明しておきます。






「KT」について


 韓国最大の通信会社。
 
 一応、ウィキペディアに記述がありますが、なにぶん情報が不足気味です。
 
 ↓Wikipedia 「KT (通信企業)」
 http://ja.wikipedia.org/wiki/KT_%28%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BC%81%E6%A5%AD%29



「KT」とソフトバンクが合弁会社を設立して、何が問題なのか?


 ズバリ、「KT」は反日企業です。
 
↓YouTUBE 『 反日企業】 KT 「独島はわが領土」 CM 』

http://youtu.be/fi6Phlp0tqk


 親切に有志が日本語訳をつけてくれていますが、映像を眺めていても、竹島を独島と称して歴史的に韓国の物だと主張していることぐらいは分かります。
 最後は、日本海を東海表記に変えて、世界に発信し共感を得ている様子を示しています。

 何も説明は要らないでしょう。
 韓国「KT」は、反日企業です。






 インターネットの情報では、孫正義CEOもしくはその取り巻き達が、ソフトバンクテレコムが韓国にデータセンターを設置すると発表した際に、「AUやドコモも韓国にデータセンターを置いているじゃないか!」・・・とほぼ同様の内容で逆ギレしたそうですが・・・

 では、彼らが主張するAUとドコモのケースから見ていきましょう。






AU、ドコモの韓国データセンターは・・・?


 AU、ドコモ両社とも、完全支配権を持ったデータセンターだと伺っています。


 ↓AU(KDDI) 「データセンター「TELEHOUSE」のフランスおよび韓国拠点の開設について」
 http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0212a/index.html
 ※ 合弁会社とは一切書かれていない。
 ※ 海外に進出した日系企業の為のデーターセンターだと説明されている。


 ↓NTTドコモ(NTTコリア、NTTコミュニケーションズ) 「データセンターサービス」
 http://www.kr.ntt.com/jp/products-services/service-in-korea/data-center-services.html
 ※ 合弁会社とは一切書かれていない。
 ※ 説明は無いが、サイトの作りはNTTコミュニケーションズの韓国サイトになっている。



 「ネトウヨ」と騒いで、潰しにかかっている連中ですが、論理的な書き込みはほぼ有りません。
 (恐らく、工作員だと思われますが・・・)

 相手にするだけ、時間の無駄です。
 (寧ろ、相手の時間を潰すことが狙いのはずです)






 一方では、ソフトバンクテレコムのケースは合弁会社であり、更に・・・






ソフトバンクテレコムとKT、データセンター事業で合弁会社を設立

ソフトバンクテレコムとKT、日本と韓国の企業向けにデータセンターサービスを提供する合弁会社を韓国で設立する。
[國谷武史,ITmedia]

2011年05月30日 15時19分 UPDATE


 ソフトバンクテレコムと韓国の通信大手KTは5月30日、日本と韓国の企業向けにデータセンターサービスを提供する合弁会社「ktSB Data Services(仮称)」を韓国に設立すると発表した。今年9月の設立を目指す。

 新会社はデータセンターのオペレーションを中心とした事業を展開する。出資比率はKTが51%、ソフトバンクテレコムが49%。韓国・釜山に10月にもデータセンターを設立し、東日本大震災後のデータセンター需要の急増や、企業の事業継続、産業復興などのニーズに応えるとしている。先行して7月から2社によるコロケーションサービスの提供を開始する。

 釜山に建設するデータセンターは、電力容量規模がフェーズ1で6000キロワット、フェーズ2で2万キロワットを計画。コロケーションサービスのほか、バックアップ、仮想デスクトップのサービスも提供する予定。コロケーションサービスは1ラック単位(電源4k〜10kVA)で利用でき、価格は10万円からという。

 ソフトバンクテレコムによれば、国内と韓国のセンターとは閉域網で接続し、セキュリティを確保。日本の法制度に準拠し、日本語による24時間サポートも提供する。韓国は日本に比べて電力コストが半分程度であることから、セキュリティ対策や高速回線などを2社で整備することにより、国内と同水準サービスを安価に提供できるとしている。


↓元記事 ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1105/30/news071.html


 今更説明するまでも無いでしょうが、株主の意見が分かれた場合には、持ち株が多い方の意見が通ります。
 
 出資比率はKTが51%、ソフトバンクテレコムが49%とハッキリ書かれている。


 ハッキリ書きます。孫正義CEOは、合弁会社をソフトバンクの子会社かのように発言していますが・・・


 合弁会社は、韓国「KT」の子会社です。


 仮の話ですが、AUやドコモが韓国にあるデータセンターを引き合いに出して、「ネトウヨ潰し」で切れてしまったのであれば、それは単なる逆ギレだったと判断すべきでしょう。


index.jpg
写真1 : ソフトバンク公式ページ 「ソフトバンクテレコムと韓国KT社がデータセンター事業で合弁会社を設立」

↓元記事 ソフトバンク公式ページ 「ソフトバンクテレコムと韓国KT社がデータセンター事業で合弁会社を設立」
http://www.softbank.co.jp/ja/news/sbnews/sbnow/2011/20110616_01/






 次に、ソフトバンクテレコムが住基ネットのデータを持っているとの情報が流れ、やがてそれはデマだとの情報が流れましたが・・・
 
 それに関する情報。






デマかどうかを白黒つけたい方は・・・

 住基ネットを所管するのは総務省になりますが、基本は地方自治体が戸籍などの情報を所持しています。
 それは各自治体に任せられる為に、実際にソフトバンクテレコムがどのような公共事業を引き受けているのかを調べ尽くさないと、デマなのか?どうか判断出来ません。


 ↓グーグル 「 公共調達審査会活動状況報告書 ソフトバンクテレコム 」
 http://www.google.co.jp/#sclient=psy-ab&q=%E5%85%AC%E5%85%B1%E8%AA%BF%E9%81%94%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A%E6%B4%BB%E5%8B%95%E7%8A%B6%E6%B3%81%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8+%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A0&oq=%E5%85%AC%E5%85%B1%E8%AA%BF%E9%81%94%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A%E6%B4%BB%E5%8B%95%E7%8A%B6%E6%B3%81%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8+%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A0&gs_l=serp.3...1040.5165.1.6021.13.13.0.0.0.6.566.5106.2-3j4j4j2.13.0...0.0...1c..12.psy-ab.1s1-vX5Ty0k&pbx=1&bav=on.2,or.r_qf.&fp=22f0d98066b4ae78&biw=936&bih=587


 この検索結果が全てではありませんが、検索結果として、中央・地方官庁のPDFが整然と並んでいます。
 これを閲覧するだけでも大変です。

 厚生・労働関係に混じり、金融など見え隠れします。
 少なくとも、地方を含めると膨大な公共事業の入札をソフトバンクテレコムが行っている事実は確認出来ます。

 白黒をつけたい方は、是非全てを調べてみて下さい。
 これらのPDFには、入札状況しか書かれていませんので、具体的にどこまでソフトバンクテレコムがデータ部分に介入している(サーバーのバックアップ、中継サーバーなどを含む)かは、一つ一つ直接問い合わせるしか手段は残っていないでしょう。

 グーグルがお嫌いでしたら、下記キーワードでお好みの検索サイトを利用することをオススメします。
 
 
 公共調達審査会活動状況報告書 ソフトバンクテレコム


 後は、キーワードを工夫するなりして、お好みで検索してみて下さい。


 補足しておくと、あくまで仮にですが、公共データが大量に韓国データセンターにある場合、国家安全保障上の大問題に繋がる可能性があります。
 
 単なるソフトバンク叩きや、レイシズムで片付けて良い問題では無くなります。






最後に


 基本的に、ソフトバンクテレコムは個人から法人・公共事業などのデーター通信システムの構築・設営やデータ管理業務など、大きな企業だけに事業内容も多岐に及びます。


 これらの報道や情報から見えてくる問題点は、まず民間企業や個人ユーザーのデータの取り扱いがどうなるのか?
 不透明な部分が多すぎます。


 以下、纏めてみます。


<個人ユーザーに関する情報>


 ・同じソフトバンクグループのソフトバンクモバイル、イー・アクセスなどの個人データはどうなるのか?
 ・ヤフー株式会社(ヤフーファイナンス、ヤフージャパン、ヤフーBBなど)の個人データはどうなるのか?


 仮に韓国側で個人データが漏洩、流用された場合、訴訟などを起こしても恐らく勝ち目は無いでしょう。
 日本の司法・警察も介入できません。



<韓国に渡った個人データは?>


 その反日グループが、日本の顧客データを握った場合に何をするのか?
 正直、私にも分かりません。しかし、長いスパンで考えると、必ず重大なトラブルに発展するとだけ予言しておきます。
 
 トラブルが発生した場合に、日本側で訴訟を起こしたとしても、どうしようもありません。
 何せ、日本から盗んだ仏像を返さなくて良いと判断する国ですから・・・



<本当に怖いのは産業スパイ>


 先に紹介した通り、ソフトバンクテレコムはどちらかと云うと、法人向けのデータを扱う企業です。

 つまり、日本の優良企業のデータが、相手は盗み放題になる可能性を秘めています。

 あなたや、あなたの周りの会社は大丈夫なのでしょうか?



<対処法は?>


 解約するしかありません。
 どうせ解約するなら、決断は早い方が良いでしょう。
 料金が安いからと云って、飛びつくのは賢明ではありません。






 ソフトバンクテレコムが、韓国KT側が51%の合弁会社を設立し、データセンターを韓国に置くことが問題視されています。
 
 日本の大手メディアは、例の如く、大きくは報道しません。
 (実際、合弁会社がKT社出資率51%であることは調べないと分かりません。)

 またインターネットに於いても、単なるレイシズムだと勘違いする輩が横行していますが、そんな単純な話では無い事態であることも、是非ご理解下さい。

 後は、ソフトバンクやヤフー系列の不買運動を進めている方々の中にも、これらの話を理解した上で不買を進めている方々が居られることも覚えておいて下さい。






 その3へ・・・
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 反日 創価 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。