ソフトバンク JCRはAからA−と予定通りの格下げ? ムーディーズは投機的(ジャンク級に格下げ)へ

2013年07月18日 23:59

 シリーズ記事に入れるほどのネタはありませんのが、重要な動きがありますので・・・






 前回、S&Pが格付けを2段階引き下げて、ついにソフトバンクが投機的(ジャンク級)になったことに触れました。
 
 【関連記事】: ソフトバンクの闇と陰 その4 スプリント社買収成功 = ソフトバンクの負債は膨らむ一方

 その3で、ムーディーズが格下げを検討しているロイターの報道を紹介しましたが、
 
 【関連記事】: ソフトバンクの闇と陰 その3 2013年分で社債1兆円超を発行 と 格下げを検討する格付け会社

 JCRさんも、下げるには下げましたが・・・






ソフトバンクの格付け、AからA─に引き下げ=JCR


[東京 11日 ロイター] - 日本格付研究所(JCR)は11日、ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)の長期発行体格付けをAからA─に引き下げたと発表した。ネガティブのクレジット・モニターを解除し、格付けの見通しを安定的とした。

JCRでは、2012年10月に同社の米携帯電話第3位のスプリント・ネクステル(S.N: 株価, 企業情報, レポート)買収の発表を受けて格付けをクレジット・モニターに指定し、見直し方向をネガティブとしていた。11日の買収完了によってクレジット・モニターを解除し、格付けを1段階引き下げA─、格付けの見通しを安定的とした。

JCRでは、国内既存事業は順調に推移しており、当面高水準のキャッシュフロー創出力は維持されると見ている。一方、スプリントの買収に伴って有利子負債は大幅に増加するなど、財務内容の悪化は避けられないという。スプリントとのシナジー効果は一定程度見込まれるが、現時点では慎重な評価が必要であると考えている。


↓元記事 ロイター通信
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPTYE96A00N20130711



 A(上から6番目)からA−(上から7番目)って・・・

 それ、今年の2月(総額1兆円超の社債を発行する前)の発言通りじゃないですか?






 ついに、ムーディーズも1段階下げた と報道がありました。






ソフトバンクの格付けをBa1に引き下げ=ムーディーズ

2013年 07月 18日 19:13 JST


[東京 18日 ロイター] - ムーディーズ・ジャパンは18日、ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)の発行体格付け・シニア無担保債務格付けをBaa3からBa1に引き下げたと発表した。格付けの見通しは安定的。

ムーディーズによると、格下げは、ソフトバンクがスプリント社(S.N: 株価, 企業情報, レポート)(旧スプリント・ネクステル、コーポレート・ファミリー・レーティングB1、方向未定で見直し中)の株式70%の取得計画を発表したことを受けた措置。格下げについて、ムーディーズでは、1)負債調達によるスプリント社買収に伴い、ソフトバンクの財務の柔軟性は大幅に低下する、2)スプリント社が2013年及び2014年の2年間に計画している合計160億ドルの大規模な設備投資を支援するため、ソフトバンクがスプリント社に追加的な財務支援を提供する必要が生じる可能性がある──との見方を反映したとしている。


↓元記事 ロイター通信
http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPTYE96H07R20130718







 纏めると、11日にJCRがやっと格下げしてA−。
 18日にムーディーズが、事前予告通りなのかBa1と投機的(ジャンク級)へ。

 それでも株価は連日高値傾向。

chat_9984(ソフトバンク).jpg
写真: ソフトバンク 週チャート


 理由は、野村證券だったようですね・・・






<東証>ソフトバンクが連日高値 野村が目標株価を引き上げ


(9時50分、コード9984)5日続伸。一時は前日比200円(3.1%)高の6650円まで買われ、連日で年初来高値を更新した。その後は利益確定目的の売りが上値を抑えているが、高値圏での推移が続いている。18日付で野村証券が目標株価を6430円から7370円に引き上げたのを材料視した買いが優勢になっている。

 ソフトバンクは11日に米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収を完了した。野村の担当アナリストである増野大作氏はリポートで「スプリント買収はソフトバンクの株式価値を高める」と指摘。スプリントの顧客資産の償却の影響などから2014年3月期〜16年3月期の連結純利益を下方修正する一方、19年3月期を1120億円上方修正した。

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが前日にソフトバンクの発行体格付けを投機的水準とされる「Ba1(ダブルBプラスに相当)」に1段階引き下げたと発表したが、米スタンダード・アン・プアーズが8日に同水準まで引き下げていたこともあり嫌気した売りは目立っていない。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


↓元記事 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/kabu/csummary.aspx?g=DGXNASFL190JR_19072013000000



 なるほどね・・・集団サ・・・


 (((´・ω・`) おっとっと・・・


 少なくとも、合法的な誘導ですね。






さいごに


 日本社会にありがちな、大人なルールが発動しているようです。
 賢明なる読者の皆さんは、慎重に。

ソフトバンク社債の格付け一覧
(2013年7月18日時点)
格付け会社格付け上からの順位
ムーディーズBa1
安定
投機的
上から11番目
S&PBB+
安定
投機的
上から11番目
JCRA−
安定
上から7番目


 最初から、個人投資家のほとんどが、格付けなんて気にしていないことぐらいは知っています。
 相手が反日であれ何であれ、儲けられれば良い世界ですし、皆利回りや、大手の誘導に簡単に引っかかります。
 
 ともかく、既にソフトバンクの株も投資というよりは投機ですな・・・


 正確な数字は決算までわかりませんが、ソフトバンクはスプリント買収用に大量に社債を発行し(今年だけで1兆円超)、スプリント・ネクステル社の固定負債総額は357億2000万ドルにのぼります。

 お忘れ無く・・・
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 反日 創価 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369805533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。