中国 2013年の銀行が抱える不良債権は110〜160億ドル増加? と 破綻寸前の地方行政

2013年07月31日 23:59

 31日は、気になるニュースが連発したのですが、敢えてこのニュースに絞ります。

 取り急ぎ転載まで。






 一応、陰りが見え始めたとの表現に日本のメディアが留めてきた中国経済ですが、どうも化けの皮が剥がれて一気に沈没しそうな雰囲気が見え隠れしています。


中国銀行不良債権、2013年に最大1000億元増加の可能性

2013年 07月 31日 18:32 JST


[北京 31日 ロイター] - 中国銀行協会は31日公表した年次報告書で、中国の銀行の不良債権が2013年に700─1000億元(110─160億ドル)増加する可能性があるとの見通しを示した。

過剰生産能力を抱える産業での貸し倒れリスクを一つの理由として挙げている。

これに先立ち政府は複数の産業を対象に過剰生産能力を削減するように指示している。同報告書では、鉄鋼、太陽光発電、海運といった業界が不良債権が発生する可能性が高いと警告している。

「過剰生産能力に直面する産業は不良債権を増加させる可能性があり、銀行の短期的リスク管理において最も注意を要する」と指摘した。

銀行規制当局が公表したデータでは、3月末で不良債権は5265億元となり、2012年末の4929億元から増加した。

報告書では融資全体に対する不良債権の比率は、融資全体の増加があるため、2012年とほぼ変わらない水準にとどまると予想している。中国銀行システムの平均不良債権比率は3月末で0.96%と、2012年末の0.95%を若干上回った。

報告書はまた、不動産セクターや地方政府が運営する金融会社への貸し出しの動向が、銀行セクターの長期的な資産の質を決める鍵となると述べた。2013年の銀行の利益の伸びは、純金利マージンの低下や手数料ビジネスの開発の鈍化によって悪影響を受けるとしながらも、都市化や国内消費を拡大する努力がビジネスチャンスにつながる指摘した。


↓元記事 ロイター通信
http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPTYE96U07O20130731



 記事を良く読むと、来期の話ではなく、今年度(2013年)の見通しなんですよね・・・
 それで一気に1兆円超の不良債権? しかもこれ銀行協会が公表した銀行での見通しです。


 後は、この公表値を素直に信じて良いものかどうか?
 
【関連記事】: 揺らぐ中国の威信 今度は毒入りピータン発覚 と もはや水?相次ぐ経済統計の水増しは最大で4倍も

 公的な統計が水増しされていましたからね。実際の不良債権額も、誰も把握出来ない規模かも?しれません。
 後述の記事を全て読むと、この意見は更に納得出来るはずです。

 とは言え、ある程度の判断基準は必要で、公的な見通しとして110億ドル超の不良債権が新たに発生するそうです。しかも2013年に。






 銀行が潰れてもパニックが起きるでしょうが、行政がまともに機能していれば収拾は可能です。
 地方行政が破綻すると地方が機能しなくなります。
 
 アメリカでデトロイト市の破綻が大きく報じられましたが、規模はともかく一つの市でした。
 こちらは中国でも経済規模が大きい江蘇省になり、規模で考えると世界20位以内の経済大国に匹敵します。






 空いた日付に、こっそりブログ記事を追加しようと考えていた内容です。
 ロイターなので、多少は誇張されてる可能性はあります。しかし、中国の実態経済が見えないのは事実で、一つの情報源になる報道です。


焦点:中国地方政府の破綻という悪夢、代表格は江蘇省か

2013年 07月 25日 14:22 JST


江蘇省 破綻.jpg[無錫市(中国) 25日 ロイター] - 中国経済を急成長から脱皮させようと試みる政府指導部にとって悪夢のシナリオは、地方政府が自らの債務の重みで崩壊することだ。最も多額の債務を抱える江蘇省がその代表格といえる。

公式統計によると、江蘇省の省、市、郡政府は銀行や投資信託、起債を通じて借り入れを膨らませており、債務は他の地方投資をはるかに上回っている。

造船や太陽光パネル製造など、同省の主要産業の多くは過剰な生産能力を抱え、利益は低迷して税収は伸び悩んでいる。中央政府が経済の投資依存を減らし、サービス業・消費主導型経済への移行を図っていることにより、江蘇省は打撃を被りやすい状態にある。

政府は改革の一環として、多くの地方政府にとって主な資金源である借り入れと土地売却の取り締まりを命じる一方で、産業の縮小に伴うコストを地方政府自らが吸収することを期待している。江蘇省のような省にとっては八方ふさがりの状況だ。

スタンダード・チャータード、フィッチ、クレディ・スイスの推計によると、中国の地方政府の債務は国内総生産(GDP)の15─36%相当、額にして最大3兆ドルに上る。

ドイツ銀行のグレーターチャイナ担当チーフエコノミスト、ジュン・マー氏は「中国地方政府の債務は、うまく管理しないとシステミックかつマクロ経済的リスクを同国にもたらし得る。これにはブラジルの先例があり、1989年、93年、99年の危機は州政府の過剰債務が根本原因だった」と話す。

中国地方政府の債務総額について公的な情報は乏しいが、格付け会社やシンクタンクの情報を総合すると、江蘇省の債務リスクは全31省の中でも突出している可能性がある。

江蘇省が中国経済に大きなリスクをもたらしかねないことは明らかだ。同省の域内総生産(GDP)は20カ国・地域(G20)メンバーであるトルコを超えて世界の上位20カ国に食い込む規模で、人口は7900万人と大半の欧州諸国を上回る。


<ストレスの兆候>

江蘇省政府の財政に重圧が加わっているさなかで、省内主要企業の中には経営が行き詰まり、当局に救済を求めるところが出てきている。中国最大の民間造船会社、中国熔盛重工集団(1101.HK: 株価, 企業情報, レポート)は今月、地方政府に財政支援を要請した。

中国最大の太陽光パネル・メーカーの子会社である無錫サンテックパワーはことし、破産申請を行った。複数の関係筋によると、同社は江蘇省無錫市の政府に財政支援を求める意向もある。

ストレスが高まっている兆候は他にもある。中国メディアによると、経営難に陥った一部の地方企業は個々の職員に最大60万元(9万7800ドル)の資金調達ノルマを貸し、達成できない場合には勤務を許さないため、多くの職員が親戚や友人に金の工面を頼んでいるという。

地方政府にとっての主な資金調達手段は、借り入れか不動産デベロッパーへの土地売却しかない。地方政府は地元の経済開発を担っているが、税収の4分の3は中央政府に吸い上げられる。

しかし無錫市のある村の住人によると、市政府はデベロッパーに売るためとして住宅を破壊して更地にしているが、家主に収用代金を支払うための資金が不足している。「私の父は600平方メートルの土地を持っていたが170平方メートルを失った。市政府は父に『あなたは住宅を多く所有し過ぎている』と言って支払いを拒んだ」という。

中央政府は地方政府に対する銀行融資を絞めつけているため、江蘇省はシャドー・バンキング(影の銀行)からの借り入れを急増させている。

データ提供会社ユーズ・トラストによると、2012年に中国で販売された投資信託のうち、江蘇省内の自治体が発行したものは30%を占めた。 同業のウィンド・インフォメーションによると、12年の同省の債券発行額は3430億元で、中国で最も財政が豊かな広東省の3倍に上る。

無錫市だけでも投資信託の発行により92億元を調達し、銀行融資金利の6%を大幅に上回る10%近くのリターンを投資家に与えた。この資金の一部は不動産デベロッパーに土地を売ったり工業団地を建設するために村を更地にする資金に回された。

増大する中国の不良債権において、江蘇省が大きな割合を占めているのも不思議ではないだろう。中国メディアが先月引用した中国人民銀行(中央銀行)幹部の発言によると、2013年1─5月の不良債権増加分の40%を江蘇省が占めた。

中銀や監督当局に政策助言を行っているトリプルTコンサルテイングのマネジングディレクター、ショーン・キーン氏は「モラルハザードの有無を点検するため、ある程度管理されたデフォルト(債務不履行)を起こせば市場は歓迎するだろうが、中国政府にその態勢が整っているかどうかはおぼつかない」と話した。

(Koh Gui Qing記者)


↓元記事 ロイター通信
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96O04720130725



 誘導記事の臭いもしていますが、銀行より先に地方行政が破綻するケースもあり得るとの情報として受け取っています。

 色々と書かれていますが、かいつまむと以下の話になります。

 江蘇省の債務額は中国全体から見ても相当な割合になっており、もはや返済能力を超えて居るのではないか?との見解を、具体的な数字を引き合いに出しながら書かれています。

 メインは江蘇省の話ですが、中国の地方行政全般に当てはまる話になりそうです。
 最後は、デフォルト(債務不履行)まで言及されていますが、そのツケの多くは国民に廻ってきます(具体的には、給料の未払い など)。
 そうなると、程度の差がどうあれパニックが発生します。デモを通り越して大規模な暴動もしくは内乱も大げさなケースでは無いでしょう。
 ロイターは仄めかす表現にしていますが、今の中国政府に抑えるだけの力があるのか?(恐らく無い)と云いたいようです。

 後、モラルハザード(倫理観の欠如)の話が出てきますが・・・、先に綱紀粛正でも強硬しない限りは無理でしょう。
 (綱紀粛正を行った場合、政治的クーデター、暗殺、内乱、下手すれば内戦が見えています)






さいごに


 以前から、中国経済が崩壊すると色々なサイトで見掛けましたが、いよいよ現実味を帯びた報道がされ出しました。
 
 それにしても、シャドーバンキング(影の銀行)とか格好良いネーミング使っていますが、闇金と同じ意味です。
 日本では、ある程度裏と表のボーダーが残っていますが、中国では裏の銀行が堂々と営業しているとの話になります。
 問題は、中国で裏と表の境目が存在しない以上、どこからが表でどこからが裏なのか? 誰も把握出来て居ないようです。

 更に致命的なのは、偽札が堂々と横行している とも聞こえてきます。

 ↓J−CAST 「中国では「偽札」がATMから出てくる! 日本ではそんなことあるのか?」
 http://www.j-cast.com/2013/07/26180289.html

 ↓産経新聞 「ありえない、ATMから「偽札」が出てくる中国の現実」
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130723/waf13072307000000-n1.htm

 この情報が信頼出来るならば、もはやカオス(混沌)状態。


 世界の頭脳が集まったG20だったのですが、こんな情報が出てくるようでは、誰も中国の実態経済を掴めるはずもありません。
 分かったとしても、既に手遅れ感が否めませんが・・・
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米上院: 中国の海洋活動への非難決議採択 と 自衛隊への中国海軍によるレーダー照射のまとめ

2013年07月30日 23:59

 少しずつですが、米中の関係がより明確になってきた感があります。

 米上院議会で、主に 『 尖閣諸島 』 を中心とした中国の海洋活動に対して非難決議が全会一致で採択されました。






米上院:中国海洋活動、非難決議を採択

毎日新聞 2013年07月30日 19時29分(最終更新 07月30日 19時52分)


 【ワシントン西田進一郎】米上院は29日の本会議で、東シナ海や南シナ海で中国の海洋活動が地域の緊張を高めていると非難し、航行の自由や領有権問題の平和的な解決を支持する立場を再確認する決議を全会一致で採択した。決議は、上院外交委員会のメネンデス委員長(民主党)ら超党派の議員が6月に共同提案していた。

 決議は、中国が東シナ海や南シナ海で活動を活発化させ、地域を不安定化させているとし、過去数年の事例を列挙。沖縄県・尖閣諸島を巡っては、今年1月の中国海軍艦艇による海上自衛隊の護衛艦への射撃用の火器管制レーダー照射などを挙げ、「地域の緊張をさらに高めた」と非難した。

 さらに、中国が尖閣諸島の領有権を主張する動きを強めていることについて「米政府は日本の施政権を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対し、尖閣諸島が日本の施政権下にあるという米国の立場は影響されない」と明記。米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約の対象であるとの立場も改めて表明した。

 オバマ大統領は6月の米中首脳会談で、尖閣問題の対話による解決を強く求めたが、習近平国家主席は従来の主張を繰り返した。今回の決議は、議会も中国の海洋活動に強い懸念を抱いていることを突きつけ、政府を後押しする狙いがある。


↓元記事 毎日.JP
http://mainichi.jp/select/news/20130731k0000m030029000c.html



 6月末に上院の外交委員会で全会一致で採択された決議案でしたが、本会議でも全会一致の採択が得られました。
 報道のされ具合から見ると、6月末に提出された原案よりも少し踏み込んだ内容になっているのでしょうか?
 原案に加筆される可能性もありますが、少なくとも議事録には残るはずです。


 色々な意味が汲み取れる報道ですが、一番は『 中国軍によるレーダー照射 』 問題に関して、(中国側が否定しても)米議会のお墨付きを得られた ことになります。しかも、超党派による全会一致。(米側の公式発言では、既に認めたも同然でしたが・・・)


 法的・軍事的には何の効力もありません。米国議会には米軍の指揮権が無いからです。

 ただし、貿易に関しては米議会が決定権を持っています。(※オバマ大統領はじめホワイトハウスのメンバーには、TPPを始めとする貿易に関して最終決定権はありません。)
 この非難決議は議会内での超党派による意見統一を意味しており、例え記事としては小さくとも、外交上で大きな出来事になります。






 他のことも調べており、レーダー照射の件は軽くまとめておきます。

 後々、重要な話に発展する可能性もありますので・・・






中国軍による火器管制レーダー照射事件 まとめ


 発表当時の記事です。

中国艦船、海自艦船にレーダー照射 1月30日に

2013/2/5 19:15 (2013/2/5 19:45更新)


 小野寺五典防衛相は5日夜、1月30日午前10時ごろ、東シナ海で中国海軍所属のフリゲート艦「ジャンウェイ」が、海上自衛隊第7護衛隊「ゆうだち」に向けて火器管制レーダーを照射したと発表した。防衛省内で記者団に語った。

 1月19日午後5時ごろ、中国海軍のフリゲート艦「ジャンカイ」が、海自第6護衛隊「おおなみ」に搭載していたヘリコプターに向けてレーダーを照射した疑いがあることも明らかにした。

 安倍晋三首相は5日夕、首相官邸で防衛相に、万全な対応を取るとともに、外交ルートを通して中国に抗議するよう指示した。これを受け、外務省は中国政府に抗議した。

 防衛相は一連の事態について「大変、特異な事例だ」との認識を表明。「一歩間違えれば大変危険な状態に発展していた」と述べた。発生から発表まで時間がかかったことに関しては「慎重にも慎重を期した。分析・検討に時間がかかった」と説明した。


↓元記事 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05037_V00C13A2000000/



2013年1月19日のレーダー照射事件 関係資料


631a607c5b4ccceb.jpg
写真: 054型フリゲイト(ジャンカイI型/江凱I型)


org.bin.jpg
写真: 『 おおなみ 』 に搭載されている最新鋭の対潜ヘリ『 SH−60K 』



2013年1月30日のレーダー照射事件 関係資料


7ecfb8a04d818858.jpg
写真: 053H3型フリゲイト(ジャンウェイII型/江衛II型)


a_yuudachi.jpg
写真: 海上自衛隊 護衛艦 ゆうだち


 これもブログを休んでいた頃の話で、アルジェリア人質事件が落ち着きをみせたか?と思った矢先の発表でした。
 自衛官もレーダー照射をキャッチした時は、尋常では無い緊張感の中で公務をされていたのでしょうね・・・






 少なくとも、やはり2013が来たなぁ・・・ と思った事件の一つでした。






朝日新聞を中心とした 誤報?騒動


 過去にも中国軍によるレーダー照射疑惑があったことが記事にされ、その後朝日新聞が誤報でも無いのに、朝日デジタル(朝日新聞の公式ウェブサイト)から記事が抹消された。


130206y_a_1o_u.jpg
写真: 朝日新聞2013年2月6日付夕刊1面


 小さい記事ですが、夕刊とは言え1面。
 誤報サイトにも現在も記事が載っているのですが、恐らく誤報では無く色々な 『 配慮 』 から削除された模様です。

 その証拠として、国会の委員会質疑において、尖閣国有化以前のレーダー照射疑惑に関する質疑が国会の委員会で行われたことは議事録に残っています。
 議事録からも、政府の公式見解としては明言を避けたい意向が汲み取れます。


第163回国会 安全保障委員会 第2号

平成十七年十月七日(金曜日)

(以下、敬称略)

国務大臣
(防衛庁長官) : 大野 功統
防衛庁副長官 : 今津 寛
出席委員 : 理事 細野 豪志


一部抜粋

○細野委員 残り十分ほどになりましたので、海洋権益の問題に話を移していきたいと思います。
 まず、先日行われた日中間の実務者協議ですが、防衛庁長官にまず質問をさせていただきます。
 日本側から、中国側に対する資源開発について幾つか発言がある中で、これしかペーパーにないものですから概要を見ておるんですが、「中国海軍の活動に関し、日中双方が東シナ海を「協力の海」としようとしていることと整合的でないと懸念を表明。」と非常に漠然とした表現をなされているんですが、「中国海軍の活動」というのは具体的にどういうことを指しているのか、これをお答えいただけますでしょうか。

○今津副長官 近年、我が国の近海において中国の海軍艦艇の航行が行われておりますけれども、これらの海軍艦艇の中には、何らかの訓練と思われる活動や情報収集活動、海洋調査活動を行っていると考えられるものが確認されております。これは、平成十一年ぐらいが、防衛庁が航行を確認したものでありましても二十七隻ぐらい、平成十二年が十五隻と多かったんですが、その後少し少なくなりまして、また平成十七年、ことしになりましてから十隻ということで、かなり数がふえていることを確認いたしております。
 九月九日の午前九時ごろ、海上自衛隊のP3Cが天外天ガス田付近を航行する中国海軍のソブレメンヌイ級のミサイル駆逐艦一隻と、それからジャンフー・ミサイルフリゲート二隻、そして計五隻の艦艇を確認いたしております。海上自衛隊がソブレメンヌイ級駆逐艦を確認するのは、本年一月東シナ海において確認して以来二回目のことでございます。

○細野委員 一部の報道によると、その艦艇から日本のP3Cが照準を合わされたという報道がありますが、これは事実でしょうか。

○今津副長官 私も新聞では見ましたけれども、確認はいたしておりません。

○細野委員 明らかに、東シナ海の係争水域のちょうど中国側、中間線より中国側に若干入っていて、日本の権益も侵しているかもしれないと言われている地域において中国海軍の活動が活発化しているんですが、これに関しては、ここで「整合的でない」、そういう非常にやわらかな表現があるんですが、これはしかるべき、きちっと当然外務省としてもやるべきでしょうけれども、防衛庁長官としても中国側にきちっとおっしゃっているという認識でよろしいんですね。

○大野国務大臣 我々中国との防衛交流を促進したいという意味で努力をいたしておりますが、なかなかそういう面で意思疎通ができていないというような状況でございまして、今の問題点については確認していない、こういうことでございます。

○細野委員 確認をしていないというのは、当事者ですからね、確認されていないことはないんでしょうが、事実関係は。
 少なくとも、防衛庁としても、この問題に関しては中国側に抗議すべきだと思います。こういう資源開発の問題にひっかけて向こうも出してきているわけですから、その場でおっしゃるのも、もちろんそれは一つ機会だと思います。これから日中関係を考えたときに、潜水艦の問題もそうでしたし、不審船、不審船は北朝鮮を中心ですが、さまざまな懸案があるわけですから、それについてきちっと抗議をできるような、そういう体制をつくっておかないとこれからむしろ懸念は拡大していく、特に海上においては拡大していくということは間違いないと思いますので、ぜひそのことは要望しておきたいと思います。
 時間もなくなってきたので、当事者である局長にもきょう来ていただいていますので、共同開発を日本側として提案したというんですが、どういう共同開発を提案したのか、御答弁いただきたいと思います。


抜粋終了 以降は別内容の質疑の為 割愛


↓元記事 第163回国会 安全保障委員会 第2号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/163/0015/16310070015002c.html



 因みに、平成17年(2005年)10月7日は小泉第3次内閣。
 既に、小泉自公政権時からレーダー照射疑惑が存在したことが議事録に残っている。






 皮肉なことに、隠蔽を追求した民主党が、この後の尖閣諸島中国漁船衝突事件を隠蔽することになる。
 (一応、あの時は中国側に即時の抗議はしたが、国際司法裁判の有力な証拠となる漁船まで返した)

 後日、同会議にて、同様の質問が繰り返される。






第4号 平成17年10月21日(金曜日)

平成十七年十月二十一日(金曜日)

(以下、敬称略)
出席委員 : 理事 内山 晃
(防衛庁防衛局長) : 大古 和雄
(防衛庁運用局長) : 山崎 信之郎


一部抜粋

○内山委員 ぜひ、迅速に対応できる態勢をつくっていただきたいと思います。
 それでは、質問通告にございます、まだ給与法の改正ではありませんけれども、何点か御質問をさせていただきます。
 東シナ海におきまして中国が開発を進めておりますガス田でございます。ガス田周辺に中国軍の艦艇が展開をしている状況にあるわけでありますけれども、今回、小泉総理が靖国神社を参拝した後にこの辺の中国艦艇の変わった動向というようなものがありましたかどうか、お尋ねをしたいと思います。

○大古政府参考人 お答えいたします。
 最近、日中中間線付近で中国の軍艦が特に活動しているということではございませんが、先般、九月九日のことでございますけれども、ガス田周辺で中国の軍艦五隻が視認されております。これは、海上自衛隊のP3哨戒機が、日本名では樫、中国では天外天というガス田でございますが、その付近を航行するソブレメンヌイ級駆逐艦一隻ほか五隻の艦艇を確認したものでございます。この一部につきましては、このガス田の採掘施設を周回するような動きがあったというふうに承知しております。

○内山委員 その中国の艦艇の中に、新聞によりますと潜水艦も含まれていたという報道がございました。これは事実でしょうか。

○大古政府参考人 報道は承知しておりますけれども、先ほど御説明した以上のことを説明いたしますと、我が国の情報能力がわかるということになりますので、答弁は差し控えたいということでございます。

○内山委員 そうですか。それはもう機密であればこの場でいろいろお聞きするのはやめておきますけれども、やはり優秀なP3Cですから、そういったところは探知できるんだろう、こう思います。
 それと同時に、十月七日の当委員会におきまして我が党の細野議員が、ガス田周辺の中国艦船より哨戒機のP3Cに対して照準を合わせられた、銃口を向けられたという質問をいたしましたけれども、そのとき答弁は、確認をとれていないというようなお答えがあったと思いますが、その確認がとれましたでしょうか、お尋ねをしたいと思います。

○山崎政府参考人 御答弁申し上げます。
 その十月七日の件でございますけれども、海上自衛隊のP3Cに対して中国海軍の艦艇が明らかに照準を合わせたかどうかということの事実は確認をできなかったという旨を副長官の方から御答弁申し上げた次第でございますけれども、一般論として申し上げれば、P3C自体、視認によってはそういう洋上の艦艇から照準を合わされたかどうかということは確認はできませんが、一般論としてもう一度申し上げますが、航空機に対して当然艦艇は対空レーダーを用いて照準を合わせるわけでございますので、それに対して自動的に探知するESM、これはエレクトロニック・サポート・メジャーという装置がございまして、これで大体照準が合わされたかどうかということについてはわかるような次第になっております。

○内山委員 ですから、照準を合わせると、P3Cの中に合わせられたという何か信号が出てくるわけですね。その事実があったのかどうかというのを聞きたいんですけれども。

○山崎政府参考人 先ほど防衛局長からも答弁いたしましたように、個別具体的な事実関係につきましては、当方の警戒監視能力とか部隊行動の内容が明らかになりますので、任務遂行上、今後支障を及ぼすおそれがありますので、その点についてはコメントを差し控えさせていただきたいと思います。

○内山委員 実は私、P3Cに搭乗したことがございます。優秀な、大変すばらしい機械でございました。こういったミサイルをロックオンするとか照準を合わせるということは、当然やはり敵対的な行為ではなかろうか。それは、事実があった場合には当然防衛庁の方に報告がなされているはずだと思うんです。このままこういう行為を見過ごしてしまうということはいかがなものか、こう思うんですが、国際法上どうなんでしょうか。照準を合わせられるとかミサイルをロックオンする、ミサイルフリゲート艦もいたようでありますけれども。

○山崎政府参考人 またこれも一般論で恐縮でございますが、通常、そういう照準を合わせられた等の特異な行動がありました場合には、まず安全確保のための行動をとるのは当然でございますけれども、それに応じて、当然、順序を経て、適宜上層部の方に報告を受けている次第でございます。

○内山委員 仮に、仮にの話ですけれども、これで対空機関砲でもP3Cに対して撃たれたといった場合には、それに対するマニュアルというのがあるんでしょうか。

○山崎政府参考人 基本的なマニュアルというのはございますが、個別具体的に、例えば哨戒中に撃たれたというような話についてどう対応するかというのは、当然、回避運動というのをまず行うのだろうというふうに考えております。

○内山委員 P3Cにも対艦ミサイルハープーンというのも積んでいると思うんですけれども、これは当然やはり撃たれれば自衛のために撃ち返すということもそのマニュアルの中にはあるんでしょうか、どうでしょうか。

○山崎政府参考人 当然、我が方として与えられている武器使用の権限というのは、マニュアル上、記載はされてございます。


以降 マニュアルの存在に関する不毛な質疑に突入する為に割愛

(マニュアルが存在していても、内容まで一般に公開出来る訳がない)


↓元記事 第4号 平成17年10月21日(金曜日)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001516320051021004.htm



 先の十月七日に行われた質問を繰り返しているだけだが、防衛庁(現・防衛省)側としては、明言を避けており、外務省も同調している。
 つまり、当時の国策として明言を避けているが、報道された内容を否定まではしていない。






さいごに


 今回の米国上院による非難決議により、今年の初めに起きた中国軍によるレーダー照射疑惑に関して米国議会のお墨付きを得た訳だが、普通に考えて小泉第3次内閣から続いていたと考えるべき話になる。

 因みに、これらの火器管制レーダー照射が起きたのは、いずれも公海上となっており、全て国際ルール違反になる。
 つまり、国際ルール上は反撃して良い(正当防衛)となる訳ですが、反撃しなかったのか?反撃出来なかったのか?も争点になっていた。
 (法律上、出来ないのであれば、法的な整備が必要になる。)

 分かっているだけで8年間も野放しだった問題で、少なくとも日米で解決に向けて少しずつ歩んでいることが分かる報道になる。


 気になるのは、今後の中国とホワイトハウスの動きになる。
 (ホワイトハウスは、どちらかと云うと親中路線)

 これからも、注視したい情報の一つ。
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国で何かが起こっている? 北京国際空港で手製爆弾が爆発 と 中国国内で相次ぐ各種デモ

2013年07月20日 23:59

 国土も広く、人口も国単位では世界最大の中国。
 たった一人の人間に、中国全土で何が起きているか?など把握出来る訳もありません。
 
 しかし、20日だけで重要な二つのニュースが報じられました。






 まずは、北京国際空港での爆破事件。

北京国際空港:ターミナルで爆発、車椅子の男が爆破

毎日新聞 2013年07月20日 22時41分(最終更新 07月21日 02時00分)


b_06177587.jpg 【北京・工藤哲、井出晋平】北京市の北京国際空港第3ターミナルで20日午後6時25分(日本時間同7時25分)ごろ、爆発があった。北京市当局などの発表によると、車椅子の男が手製の爆発物を爆発させたという。男は負傷し、警察に拘束されたほか、空港の保安要員も負傷した模様だ。一般客らにけが人はなかった。航空機の発着は通常通り行われているが、同ターミナルは日本航空や全日空など多くの外国の航空会社が利用しており、現場は一時騒然となった。

 現場は国際線の機内預け荷物受取場所から到着ロビーに向かう途中で、目撃者によると、男は到着ロビー側から大声で叫びながら侵入。保安要員に制止されて爆破に及んだという。爆竹用の黒色火薬を使った手製の爆発物とみられる。

 中国メディアの報道や、男のものとみられる中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」などによると、男は山東省出身の33歳の中国人で、広東省でバイクタクシーの運転手をしていた。2005年6月に乗客を乗せて検問を受けた際、7、8人の治安要員から殴られるなどの暴行を受けて腰椎(ようつい)を折る重傷を負い運転ができなくなったとして、行政による賠償を申請していた。爆発の前に男はビラのようなものをばらまいており、行政への不満を募らせていた可能性もある。

 北京国際空港は北京市中心部から北東約25キロに位置し、12年の利用旅客数は約8200万人で米アトランタ空港に次いで世界第2位の規模。第3ターミナルは北京五輪に備えて08年2月に完成した。


↓元記事 毎日.JP
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072001001665.html



写真: 爆発によって白煙が立ち込め、騒然とする北京国際空港の第3ターミナル=2013年7月20日、新華社AP


↓YouTUBE 『 北京空港で爆発させた爆弾、車椅子の男は爆弾、北京空港の爆発を爆発させる 』

http://youtu.be/eDiSFl3--DE

003.jpg

006.jpg

 こちらはネット上で速報が飛び交うほどのニュースになりました。

 お隣の中国での事件であることと、国際空港である北京空港での事件でしたので、爆発の規模に関係無く大きなニュースとして扱われた。

 ビラの内容が一切公開されていませんが、普通に考えて反政府デモの一環だと思われます。
 
 ともかく、如何に主張が正しくとも国際空港での犯行は、明らかに一線を越えています。
 アラブ諸国で頻発している爆破テロですが、国際空港での犯行はほとんどありません。

 今回は爆破規模が大したことがありませんが、これから先の未来での保証は・・・






 中国全土となると、誰も把握出来ないと思いますが、少なくとも分かり易い動きが報道され出した。

 北京空港での爆破事件と、無関係とは思えない報道です。






中国、衝突で150人負傷 暴行の治安要員6人拘束


 【北京共同】中国メディアによると、湖南省チン州市臨武県で20日までに、「城管」と呼ばれる治安要員がスイカを売っていた農業男性に暴行を加えたことをきっかけに、住民と治安部隊が衝突した。香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは約150人が負傷、少なくとも30人が拘束されたと伝えた。

 20日の新華社電によると、地元公安当局は傷害容疑で城管6人を拘束した。男性は暴行現場で死亡しており、当局が因果関係を調べている。

 城管は路上の無許可営業の取り締まりなどを担当しているが、住民に対する暴行がたびたび発生している。
2013/07/20 19:56 【共同通信】


↓元記事 47News(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072001001519.html



 今の日本では考えられない状況ですが、現在までの中国は公然と集団リンチが横行していると囁かれています。






 これ以外にも、デモが多発しています。
 抗議デモと報道されており、反政府デモかは分かりません。

 以下、一覧。
 日付と記事をクリックすると転載記事にジャンプします。


2013年7月1日 中国・香港 反中デモ妨害に韓流スターBoAなどがコンサート

2013年7月12日 中国・広東省 反核デモに千人規模のデモ 後に計画は白紙撤回

2013年7月16日 中国・広東省・広州 ごみ焼却場反対デモに1万人

2013年7月16日 中国・四川省 住宅「手抜き工事」抗議デモに1万人超


 デモは日本語として報道されたのはこれだけで、これからも注視したい情報の一つとなっています。






 またその一方で、少数民族との民族間紛争も絶えません。






2013年6月26日 中国・新疆ウイグル自治区 民族対立の再燃か? 計27人もの死者が出る衝突


中国新疆で暴動、27人死亡=民族対立で衝突か−ウルムチ騒乱4年、緊張高まる


20130626ax02.jpg 【北京時事】新華社電(英語版)によると、中国新疆ウイグル自治区トルファン地区ピチャン県で26日午前6時(日本時間同7時)ごろ、ナイフを持った集団が公安局(警察署)や地元政府庁舎、建設現場を襲撃した。警官隊との衝突で、警官ら9人、民間人8人が死亡。警察側は襲撃グループのうち10人を射殺し、3人を拘束した。新華社は「暴動」と伝えた。

 地元当局者によれば、襲撃グループはナイフで刺したほか、公安局の建物やパトカーに火を放った。グループの一部は逃亡しており、警察は行方を追っている。このほか襲撃で3人が負傷し、地元の病院で手当てを受けている。
 犯行の動機や背景については伝えられていないが、民族対立が背景にある可能性が高い。死傷者の民族の内訳も不明。中国人権民主化運動情報センター(香港)は、ウイグル族住民が拘束された仲間の釈放を求めて派出所を訪れたところ、警官が拳銃を撃ち衝突が激化したとの情報を伝えている。
 2009年に同自治区の区都ウルムチでウイグル族と漢族が衝突し、197人(当局発表)が死亡した大規模騒乱から7月5日で4年となる。これを前に現地では緊張が高まっているもようだ。自治区内では、ウイグル族住民に対する監視や抑圧を強める公安当局への不満が頂点に達しており、今回の事件を契機に別の地域に衝突が飛び火する可能性もある。
 中国版ツイッター「微博」では、放火された公安局やパトカー、道端で撃たれた人が倒れている写真が掲載されたが、事件絡みの情報は次々と削除され、当局はウイグル族住民の間に情報が広がることを警戒している。(2013/06/26-22:32)


↓元記事 時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013062600550



 この地域は、政府がどう公表しようが、現在も緊張状態です。

 ツイッターでリツイートした記事ですが、あのときはここまでデモが広がるとは思っていませんでした。
 何が起きるか分からないのが、本当の世の中なんですけどね・・・






さいごに


 中国国民も、反日デモに乗じて反政府デモを行うことを止めつつあるようです。

 日本国民としては、いずれにせよ安心は出来ません。
 中国の反政府活動家たちも、尖閣問題は別だ と発言しているそうで、中国共産党が倒れたとしても、尖閣問題は続きそうです。

 反日教育を黙認し続けたツケは大きいですね・・・












2013年7月1日 中国・香港 反中デモ妨害に韓流スターBoAなどがコンサート


香港 「反中」デモ相次ぐ妨害

2013年7月17日


 デモがまさに始まる瞬間だった。香港が中国に返還されて丸十六年となった一日の午後二時半。デモの行われた香港中心部に、大粒の雨が落ちてきた。六月四日夜の天安門事件追悼集会でも、開始と同時に大雨に見舞われた。参加者の一人が「中国共産党が降雨ロケットを打ち上げて妨害してるんだ!」と叫んだ。

 一日の返還記念日デモは、天安門追悼集会と並んで、参加人数が「反中」のバロメーターとされる。今年はいずれも、過去最多に迫る盛況ぶりだった。香港政府や親中派は神経をとがらせ、参加者を減らす“工作”もさかんだ。

 一日には記念セールと銘打って、親中派が出資するショッピングセンターなどで千店舗以上がバーゲンセールを行う。若者を呼び寄せるためとされる。

 今年は、韓国の人気歌手BoAさんらを招いた一万人規模のコンサートがデモの時間帯に開かれた。入場料が九十九香港ドル(約千三百円)と格安だったため、民主派は「デモ妨害の客寄せだ」と反発。出演する香港の人気男性グループにボイコットを迫る活動まで起きた。グループは出演後にデモへと駆け付け、批判を回避した。

 降雨は偶然だろう。だが、中国本土側が言論や集会の自由を妨害すれば、香港市民の心は確実に本土から離れていく。 (今村太郎)


↓元記事 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/worldtown/CK2013071702000298.html



一覧に戻る






2013年7月12日 中国・広東省 反核デモに千人規模のデモ 後に計画は白紙撤回


中国で異例の反核デモ、燃料加工工場建設に反対

20130712-459745-1-L.jpg 【江門(中国広東省)=吉田健一】中国広東省江門市で12日、核燃料加工工場の建設計画に反対する住民約2000人が中心部をデモ行進した。

 中国で反核デモが起きるのは異例。環境や健康への住民意識が高まっていることに加え、福島第一原発事故で原子力施設への不安感が増していることも背景にあるとみられる。

 デモ隊は市政府庁舎前の道路に陣取り、「核汚染反対」「GDP(国内総生産)より命が大事だ」などとシュプレヒコールを上げた。デモ隊は、庁舎前にバリケードを築いた警官隊と数時間にらみ合ったが、大きな衝突は起きなかった。

 建設予定地の同市鶴山地区の当局は4日、建設計画を突然発表。住民の意見聴取期間を10日間設けたが、住民側は「闇討ちだ」「期間が短い」などと猛反発していた。複数の住民によると、建設予定地では計画発表前から、当局者が理由を説明せずに、多額の金銭と引き換えに立ち退き同意書への署名を求めていたという。
(2013年7月13日12時23分 読売新聞)


↓元記事 YomiuriOnline
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130712-OYT1T01011.htm?from=ylist



 日経ビジネスによると、後に計画は白紙撤回されたとのこと(わずか3日で)。
 長文の為、リンク先の紹介まで。

↓日経ビジネス 「中国で初めて反原発デモが成功 わずか3日間、1000人規模のデモで計画が白紙になった理由」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20130715/251089/?rt=nocnt


一覧に戻る






2013年7月16日 中国・広東省・広州 ごみ焼却場反対デモに1万人


ごみ焼却場反対、住民デモ=1万人参加−中国・広州


 【香港時事】16日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国広東省の省都・広州市郊外で15日、ごみ焼却場建設に反対するデモがあり、約1万人の住民が参加した。
 広東省では12日、江門市の住民が核燃料加工場建設に反対するデモを行い、建設計画を撤回させたばかり。中国でも環境保護に対する住民の意識が高まっていることから、この種の反対運動が増えているとみられる。(2013/07/16-16:37)


↓元記事 時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071600622



一覧に戻る






2013年7月16日 中国・四川省 住宅「手抜き工事」抗議デモに1万人超


住宅「手抜き工事」に抗議、四川省で住民1万超がデモ

2013年7月19日(金) 04時11分


【中国】住宅の手抜き工事に抗議して16日午前、四川省ヒ県徳源鎮で1万人を超える住民がデモを起こした。

 集会に参加した住民は、台湾系企業・富士康(フォックスコン)の工場建設予定地に住んでいたという。富士康は2000ムー(1ムー=6.67アール)を超える土地に50億米ドルで新工場を整備する計画。これまで住んでいた数万人が追い出されて、政府の提供する「安置房」(立ち退き住民向け仮設住宅)に入る予定となっていた。

 近く「安置房」に入居する運びとなっていたものの、直近の豪雨で被災。住む前から壁の多くに亀裂が走るなど、「手抜き工事」が疑われる事態に発展した。一部の家屋では、建材の重みに耐えられずに柱が折れている。

 住民は工場前の徳富大道に集まり、「壁がもろくて亀裂が多数ある」「建て直しを要求する」などと記されたポスターを掲げ、住環境の改善を急ぐよう訴えた。その後、駆け付けた警察隊によって解散させられたという。当面は騒ぎが続く可能性がありそうだ。


↓元記事 タイランド
http://www.newsclip.be/article/2013/07/19/18383.html



一覧に戻る

posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプト デモ本格化 〜 クーデター 〜 モルシ大統領拘束 〜 米:クーデターと認定せず

2013年07月15日 19:50

 先に触れておくと、もはやエジプトは無茶苦茶です。陰謀論者の方々も、黙っている人達が多いのは頷けます。
 タイムリーにも、元CIA諜報員のスノーデン氏ネタが豊富ですし・・・

 エジプトは、これから先もクーデターが無いとは言い切れませんし、どの政治体制が良いのか?エジプト全体が模索している気もします。

 後々、色々と書くことになりそうな気配もありますので、エジプト情勢を大筋で纏めておきます。
 (最近、まとめ記事が多いのですが、それだけ世界中<日本も含>で重要なことが一度に起きていると感じていますし、恐らくまだまだ続くはずです。)


 エジプトの流れを掴むことを優先し、転載記事は頁末に列挙。
 ※文中の日付付けの記事を読みたい場合は、クリックすると転載記事へジャンプします。

 ムルシ、モルシ、モルシーと報道によっては表記が異なるが、ブログ記事内ではモルシに統一。ご了承を。






 嫌な臭いもしてはいるのですが、ブログで記事に出来るほどハッキリとした情報もありません。
 分かっているのは、ツイッターやフェイスブックといった単文投稿型のSNSによる情報がエジプト民衆を動かしていることは確かなようです。

 あくまで、大まかな流れです。

 産経新聞がエジプトの流れを一覧にしてくれています。


mds13070400000009-p1.jpg
写真: エジプト情勢をめぐる経過

↓元記事 MSN産経ニュース 「なぜ大規模化? 生活悪化、貧困層に不満」 (2013.7.3 23:57)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130704/mds13070400000009-n1.htm


 エジプトの政治的な流れと、デモを中心とした流れになり、これだけでも一から調べる労力を考えるとかなり助かる記事です。


 先に補足です。


デモ以外での補足

 2012年に地理的にも対外的にも重要な事件が起きており、モルシ大統領が就任中(2012年6月30日就任)の出来事になります。


2012年8月5日 武装集団が国境検問所を襲撃、エジプト国境警備隊員16人を殺害

 具体的には、ガザ地区に面する国境検問所が、武装集団に襲撃され、エジプト国境警備隊員16人が殺害された。

 ガザに面する施設ということはシナイ半島北部で起きた事件で、地理的にスエズ運河に近い場所で起きています。
 あまり日本で報道されなかったようですが、これは色々な意味で国際的に大事件になります。

 検問所を襲撃した武装集団は、ガザ地区へ進入(もしくはパレスチナと連携)を試みようとしたと見られ、可能性としては反イスラエルの動きがエジプト国内で活発化していることを示唆します。


 エジプト政府や軍としては看過できない為に、実力行使に出ます。


2012年8月8日 エジプト軍、武装集団拠点を空爆 20人殺害


 どこまで証拠があったのか?不明ですが、モルシ大統領は逮捕すると表明後、結局は報復処置に出ました。
 局地制圧(地上戦)を試みましたが、失敗。やむなく空爆となったと記事に書かれています。
 また、掃討作戦に関しては、モルシ政権も軍からの要請に対して了承した旨にも触れている。

 無関係な市民が巻き込まれた可能性もあり、少なくとも市民感情としてはモルシ大統領に反感を覚えた人々もかなり存在するはずです。


 モルシ大統領を始めとするモルシ政権の主要メンバーはムスリム同胞団に属しており、少なくともムスリム同胞団は 反イスラエル色が強い 集団です。
 つまり、武装集団側からすれば、身内に裏切られた形になります。
 
 
 色々と複雑な事情がこの大事件からも覗えます。
 この後から現在に到るまで、シナイ半島北部は既に予断を許さない状況になっています。


2013年7月8日 ロイター通信 シナイ半島北部の治安が急激に悪化

 短い記事ですが、シナイ半島北部の概要が伝えられています。
 どうやら細かい話を入れると、暗殺らしき話も相当横行しているようですが、確実な情報が無いのでしょう外電も控え目です。



 個人的には、かなり重要な話として補足しておきました。

 それでは、6月末からのまとめに入ります。


 韓流ブーム捏造で懲りていますが、200万人はエジプト政府系メディアによる報道から来ています。
 この抗議デモはSNS(主にツイッター、フェイスブック)を通じて情報が拡散され、抗議デモはエジプト全土で行われました。


2013年6月30日 エジプト反大統領デモ、全国で200万人規模に

 モルシ政権誕生からちょうど1年で、日曜日でした。
 カイロ市内だけですが、映像で見ると、ともかく圧巻です。

 空撮による報道映像、10分以上と長め、後半は最大に膨れあがったとされる夜。

↓YouTUBE 『 aerial footage of the biggest demonstration in history - Tahrir square - Egypt - June 30 』

http://youtu.be/nwix_CMMLWA

 タハリール広場に人が入りきれなくなり、人が広場の外へ溢れています。
 画面がときどき緑色に光りますが、デモ参加者達からレーザー光線が報道ヘリに向けられている為です。

 因みに、夜になるとハッキリします。


egypt-laser-copter-001.jpg
写真: レーザー光線を集中照射されたヘリコプター(エジプト・カイロ)

 勿論、ヘリコプターを墜落させる程の威力がある訳はありませんが、それでも直視し続けると失明しますから操縦者にとっては危険です。
 一応、操縦者を狙って墜落させるのが目的だと云われています。


 それで、抗議デモが盛り上がりを見せて、どうなるのか?と思いきや・・・
 民主的な解決法ではなく、またもやクーデター。


2013年7月3日 エジプト軍による事実上のクーデター


 モルシ大統領は、軍により拘束。2012年にあれだけ騒動になった憲法も停止。
 おまけにエジプト各地で死者が発生する混乱ぶり。


2013年7月4日 モルシ大統領拘束、10人以上死亡


 これが、その拘束された瞬間とされる映像

↓YouTUBE 『 Egyptian President Morsi Arrested in Egypt 』

http://youtu.be/HiKaanaYx8A

 銃声も聞こえず、映像からはモルシ大統領が大人しく従った様子に見える。
 エジプト軍が公開した映像とされており、真偽は現在も明確にされていない。
 (つまり、エジプト軍はクーデターだが、軍事クーデターではないと主張したい。)

 因みに、軍事クーデターによる政権にはODA(政府開発援助)が停止される、という国際的な慣例が存在する。
 その為に、アメリカ政府も事実上のクーデターにも関わらず、現在のところクーデターと認めていない。


2013年7月12日 米政府、F16戦闘機をエジプトに供与の方針


 上記の記事に触れられているが、軍事クーデター政権に兵器を輸出する訳にはいかず、オバマ大統領もエジプトに関して見直しを検討するように各部署に通達した。

 陰謀論でも無く、現実の話としてアメリカ政府は主にエジプト軍に対して毎年10億ドル超の支援を行ってきている。
 NHKの報道によると、アメリカ政府からエジプト軍を中心に支援金は約1500億円になると報道された。


NHK 米政府から主にエジプト軍へ1500億円の財政支援


 エジプト以外にも 『 何でこんな国や軍や武装勢力に ODAで支援しているの? 』 となる国や地域は存在します。
 (一応、隠していませんのでODAなどの支援に対しては陰謀論にはならないのですが、<米国議会工作を含めて>誰もしくは集団が支援を決めているのかがハッキリせず、そこが陰謀論になっています。)

 話をエジプトに戻して、モルシ大統領が拘束されて落ち着くのか?と思う間も無く・・・


2013年7月8日 モルシ派デモ隊へ銃撃 死者51人に

 このモルシ派支持のデモ隊銃撃は、色々な方面から映像が公開されています。
 少なくとも、モルシ派支持のデモ隊が、意図的に何者かの集団によって銃撃されたことは事実のようです。
 
 まず、エジプト軍による銃撃だと主張されている映像

↓YouTUBE 『 Fajr Massacre in Egypt; 40+Killed while in dawn prayer 7/8 』

http://youtu.be/FY12XHZeh-w


 次に、エジプト軍からの反論映像

↓YouTUBE 『 エジプト軍、51人の殺害を否定 映像を公開 』

http://youtu.be/IKcXYu--PBU

 他にも衝撃的な映像は沢山あるのですが、どうも双方から発砲されているようです。

 この後も、散発的にエジプト全土でデモが発生しており、エジプト軍による銃撃が起きたとの告発が相次いでいるのが、インターネットの現状です。






さいごに

 アメリカの対応を見る限り、どうもエジプトやリビアやシリアに関してはコントロールに失敗しているようです。
 エジプト軍がいくらアメリカ政府から支援を受けていると云えども、一歩間違えば自分達がアラブ世界全体から狙われる可能性もあります。

 エジプト軍が民衆に発砲してまで守ろうとしているのは、イスラエルであることは明白で、国民感情は反イスラエルへ向かっています。
 この状態が続く限りは、エジプトを始めとするアラブ諸国では何度でもデモが起きるし、その度にクーデターが発生するでしょう。
 この状況は、何もエジプトに限った話でも無いはずです。

 因みに、拘束されたモルシ大統領ですが、ウィキペディアに経歴と家族のことが書かれています。

1982年に南カリフォルニア大学において工学博士を取得。1982年から1985年までカリフォルニア州立大学ノースリッジ校の助教授となり、その間、エンジニアとしてアメリカ航空宇宙局(NASA)に勤務しスペースシャトルの開発業務に助手として参加していたこともある。

妻ナグラーとの間に5人の子(息子4人、娘1人)がおり、長男・アフマドは、サウジアラビアで医師をしている。また、孫が3人いる。4人の息子のうち、2人はアメリカ生まれで、エジプトとアメリカの二重国籍を保有している。


↓Wikipedia 『 ムハンマド・ムルシー 』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC


 あくまで可能性の話ですが、モルシ元大統領はムスリム同胞団に属していましたが、アメリカに逆らえる人物であったとは思えません。元NASA職員である以上、彼らに一生監視されても仕方ありません。
 更に、息子がどこで暮らしているのかまでは分かりませんが、二重国籍を持つ以上頻繁にアメリカ入りしている可能性もあります。

 長男は、サウジアラビアで医師をしていると書かれています。
 この情報だけで、無理です。自分や長男がどうなっても良いとなれる人物であるならば、立派ですが。

 日本でも、アメリカと 『 良好な関係 』 を築けた総理が長期政権を維持出来て居ます。
 そろそろ、多くの日本人も気付くべきです。日本もエジプトも独立国家でない事実に・・・












2012年8月5日 武装集団が国境検問所を襲撃、エジプト国境警備隊員16人を殺害


武装集団が国境検問所を襲撃、エジプト国境警備隊員16人を殺害

2012年08月06日 11:59

photo_1344193501857-1-0_s660x390.jpg

【8月6日 AFP】エジプトのカルム・アブ・サレム(Karm Abu Salem)に近いイスラエルとの国境にある検問所で5日、武装グループがエジプトの国境警備隊員16人を殺害した。

 エジプトの医療関係者によると、遊牧民ベドウィンの服装をした武装グループが2台の車で検問所に乗り付けて銃を乱射し、装甲車2台を奪ってイスラエル側へ逃走した。このうち1台はヘリコプターの攻撃を受けて破壊された。治安関係者によると死亡した16人の他に7人が負傷したという。

 エジプト半国営の中東通信(MENA)は、武装グループはイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)が支配するパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)から来た「ジハーディスト(聖戦士)集団」だと報じた。また、事件を受けてエジプト側はガザ地区に通じるラファ(Rafah)の境界を「別途通知するまで」封鎖したという。

 一方、ハマスは中東通信の報道に先立ち、ガザ地区の戦闘員が襲撃に関与したとの見方を否定。「われわれはエジプト兵士が殺害された卑劣な犯罪を非難し、犠牲者の家族、エジプトの指導者および国民に哀悼の意を表する」という声明を発表した。(c)AFP/Ines Bel Aiba


↓元記事 AFP通信(日本語版)
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2893688/9333456



一覧へ






2012年8月8日 エジプト軍、武装集団拠点を空爆 20人殺害


エジプト軍、武装集団拠点を空爆 20人殺害

2012.08.09 Thu posted at 11:06 JST


エジプト・アリーシュ(CNN) エジプト軍は8日、シナイ半島北部で軍の検問所が襲撃され16人の兵士が殺害されたことを受け、武装グループに対する掃討作戦を行った。

エジプト軍のシナイ半島北部の防衛責任者であるバクル将軍は、攻撃ヘリで武装グループにロケット弾を打ち込んだ結果、多数の死者が出たと発表した。国営ナイルテレビによれば港湾都市アリーシュでは空爆による死者が少なくとも20人に上ったという。

エジプト軍最高評議会は同日、シナイ半島での空爆作戦は「武装したテロ分子」を標的としたもので、「完全なる成功を収めた」との声明を出した。

軍関係者はCNNの取材に答えて、武装グループはシナイ半島中部のハラル山を拠点としており、ロケット弾や地雷などで武装していると語った。治安部隊はこの拠点を地上から制圧しようと試みたこともあったが失敗。だが7日夜から8日にかけて行われた空爆により、多くの武装グループのメンバーが死亡したという。

イスラエルやパレスチナのガザ地区と国境を接するシナイ半島では、5日と8日にエジプト軍の検問所などが覆面の武装グループに襲撃される事件が発生した。5日の襲撃ではエジプト兵16人が死亡したほか、8日には検問所など6カ所が同時に襲われ治安要員など6人の負傷者が出ている。

エジプトのムルシ新大統領は、反イスラエル色が強いイスラム組織ムスリム同胞団の出身だ。だがエジプト軍に近い人物はCNNに対し、今回の空爆は攻撃ヘリの使用などについてエジプトとイスラエル両国が合意したうえで行われたと語った。

米シンクタンク「ワシントン近東政策研究所」のアナリスト、ロバート・サトロフ氏らも「ムルシ大統領はエジプトの国際合意を尊重すると繰り返し公約してきたが、今回の対応はこれを裏付ける初めての証拠となった」と指摘する。


↓元記事 CNN(日本語版)
http://www.cnn.co.jp/world/35020254.html



一覧へ






2013年7月8日 ロイター通信 シナイ半島北部の治安が急激に悪化


エジプトのシナイ半島北部で攻撃相次ぐ、検問所やパイプライン狙う

2013年 07月 8日 16:38 JST


ロイター通信 エジプト・シナイ半島北部.jpg[カイロ 7日 ロイター] - エジプトのシナイ半島北部で7日、武装勢力が検問所を相次いで襲撃し、兵士1人が死亡した。治安関係筋が明らかにした。

事件があったのはエジプトとイスラエルおよびガザ地区との国境に近いシェイクズウェイドとアルアリシュの検問所。早朝に武装した一団がシェイクズウェイドに車で乗り付け、警察官らと銃撃戦になった。その後、アルアリシュで2回攻撃があり、兵士1人が死亡、警官1人が負傷した。

シナイ半島北部ではムバラク元大統領の退陣以来、治安が急激に悪化しており、イスラム過激派が断続的に攻撃を繰り返している。5日にはアルアリシュで5人の治安関係者が殺害された。6日にも宗教関係者1人が武装勢力に殺害されたほか、4つの検問所が放火されたり、ヨルダンにガスを供給するパイプラインが爆破された。

一連の攻撃と、モルシ前大統領の解任との関係は分かっていない。


↓元記事 ロイター通信(日本語版)
http://jp.reuters.com/article/jp_mideast/idJPTYE96706020130708



一覧へ






2013年6月30日 モルシ大統領就任記念日 エジプト全土で200万人規模の抗議デモ


エジプト反大統領デモ、全国で200万人規模に

 【カイロ=久保健一】エジプトのモルシ大統領の辞任を求める大規模デモは6月30日夜(日本時間1日未明)、カイロ北東部にある大統領宮殿を包囲するなど各地でふくれ上がり、政府系紙アル・アハラムは、デモ参加者が全国で計200万人に及んだと伝えた。

 首都中心部タハリール広場のデモも、ナイル川の対岸まで参加者で埋まり、ムバラク政権を退陣に追いやった2011年2月以降、最大規模となった。

 大統領府のアイマン報道官は30日夜の記者会見で、「我々は街の人々の声を尊重する。要求がある者は対話の席に着くべきだ」と、デモを主導する世俗・リベラル派に対話を呼びかけた。だが、有力な若者グループ「4月6日運動」は、支持者に大統領宮殿前での座り込みを呼びかける声明を出すなど、対話に応じない構えだ。
(2013年7月1日11時45分 読売新聞)


↓元記事 YomiuriOnline
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130701-OYT1T00507.htm?from=ylist



一覧へ






2013年7月3日 エジプト軍 事実上のクーデター


エジプト軍、大統領の解任を発表 事実上のクーデター

2013/7/4 4:45

エジプト軍のシシ国防相(3日)=AP.jpg

【カイロ=押野真也】エジプト軍トップのシシ国防相は3日夜(日本時間4日未明)に声明を発表し、憲法を停止してモルシ大統領を解任すると発表した。事実上の軍によるクーデターで、同国の民主化プロセスは振り出しに戻る。

 モルシ大統領に代わる暫定大統領として、憲法裁判所長官のアドリ・マンスール氏を指名した。総選挙と大統領選挙などを早期に実施するとした。


↓元記事 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGR0301G_T00C13A7000000/?dg=1


写真: モルシ大統領の解任を発表するエジプト軍のシシ国防相。国営テレビ画面より(3日)=AP


一覧へ






2013年7月4日 モルシ大統領拘束、10人以上死亡


モルシ大統領拘束、10人以上死亡

2013.7.4 15:52 [紛争・クーデター]


 エジプト軍司令官を兼務するシシ国防相は3日夜、国民向けに緊急演説し、反政府デモ拡大による混乱を収拾するため、憲法停止を宣言、モルシ大統領の権限を剥奪したと発表した。国政に大きな影響力を持つ軍によるクーデター。フランス公共ラジオによると、モルシ氏は国防省で拘束されているという。

 マンスール最高憲法裁判所長官が4日、暫定大統領に就任し、暫定政権づくりが本格化。ムバラク政権を崩壊に追い込んだ2011年の革命後、初の自由選挙で選ばれたモルシ氏は就任わずか1年で政権の座を追われ、エジプトの民主化はさらに混迷が深まった。

 発表後に国内各地でモルシ氏支持者が反対派や治安部隊と衝突し、ロイター通信によると、少なくとも14人が死亡した。(共同)


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130704/mds13070415530017-n1.htm


写真: タハリール広場で、モルシー大統領が排除されたとの軍の声明を受けて喜ぶ反モルシー派の市民ら=3日、カイロ(ロイター)


一覧へ






2013年7月12日 米政府、F16戦闘機をエジプトに供与の方針


米政府、F16戦闘機をエジプトに供与の方針

2013.07.12 Fri posted at 09:59 JST


(CNN) 米国防総省当局者は、オバマ政権が暫定的な措置として、軍が実権を握ったエジプトにF16戦闘機4機を供与する方針だと明らかにした。ただ、米国からエジプトへの軍事援助はすべて見直しの対象になっているという。

戦闘機は8月末までに供与される予定。だがエジプト軍が民政移行に向けた計画を示さず、米国がエジプトの政変を「クーデター」と認定せざるを得なくなれば、軍事援助が打ち切られるのはほぼ確実で供与は困難となる。

2010年の計画には、F16戦闘機20機や戦車部品など総額13億ドル相当の軍事援助が盛り込まれていた。

米国防総省の発表によれば、オバマ大統領は今回の事態を受けて、エジプト政府への援助について再検討するよう関係省庁に指示したという。


↓元記事 CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/35034596.html



一覧へ






2013年7月8日 モルシ派デモ隊へ銃撃 死者51人に


モルシー派に銃撃死者51人に 同胞団「蜂起」呼びかけ

2013.7.8 21:34


銃撃事件の抗議デモに向かうモルシ派.jpg 【カイロ=遠藤良介】エジプトの首都カイロの軍施設前で8日、軍によるモルシー前大統領の解任に抗議するデモ隊が銃撃を受け、保健省によると少なくとも51人が死亡した。中東の衛星テレビ局は、千人以上が負傷したと伝えた。モルシー氏の出身母体であるイスラム原理主義組織ムスリム同胞団は事件に強く反発し、傘下の自由公正党が支持者に「蜂起」を呼びかける声明を出した。

 同胞団は、座り込みをしていたデモ隊が「礼拝中に軍と治安部隊の銃撃を受けた」と主張。軍は「武装テロリスト」が施設への侵入を図って攻撃してきたと説明している。私服の一団がデモ隊を銃撃したとの情報があり、何者かが衝突を誘発した可能性もある。

 事件を受け、同胞団に次ぐイスラム第2勢力のヌール党が暫定政府樹立の交渉からの離脱を表明。マンスール暫定大統領は調査委員会を設置すると述べた。


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130708/mds13070821360006-n1.htm



一覧へ






NHK 米政府から主にエジプト軍へ1500億円の財政支援


米 エジプトの事態沈静化注視

7月9日 7時58分


エジプトで大統領を解任されたモルシ氏を支持するデモ隊と治安部隊の間で激しい衝突が起きていることについて、アメリカ政府は双方に冷静な対応を求め、巨額の財政支援をてこに、エジプト軍に対し事態を沈静化させるよう求めていくものとみられます。

アメリカ・ホワイトハウスのカーニー報道官は8日、記者会見で、「アメリカは暴力の拡大を強く懸念している。エジプト軍にはデモ隊に対する最大限の自制を、デモを行っている人々にも平和的な活動を求める」と述べて、双方に冷静な対応を求めました。
一連の事態をアメリカ政府がクーデターだと見なした場合、エジプト軍などへの1500億円にも上る財政支援が停止されることになりますが、カーニー報道官は「支援の変更について急いで判断をすることは国益に反する」と述べ、アメリカ政府として、当面、判断しない方針を示しました。
その一方で、「今、エジプトで何が起きているかや、民主的な統治へ戻そうとする行動についてよく見ていくことが重要だ」と述べて、双方の動きを注視していると強調しました。
アメリカ政府は今回のエジプト軍による事実上のクーデターについて、これまで軍を直接非難することを避けており、判断を先延ばしにしながら、巨額の財政支援をてこにエジプト軍に事態の沈静化を促していく思惑があるものとみられます。


↓元記事 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130709/k10015906431000.html



一覧へ




posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対馬の仏像騒動 対馬市長が1万6803人分の署名を提出し韓国文化財庁に直談判 窃盗犯6人に有罪判決 仏像は韓国が没収

2013年06月28日 23:59

 この話も、相当こじれて来ています。
 

 一応、相当報道されていますが、盗まれた2体の仏像の写真を貼っておきます。

15c9428c.jpg
写真: 韓国文化財庁に保管されている2体の仏像
左: 銅造如来立像(対馬海神神社から盗難。日本国指定の重要文化財)
右: 観世音菩薩坐像(韓国による返還差し止め判決。対島観音寺から盗難。長崎県指定の有形文化財)

 私自身も情報の整理が必要だと感じましたので、備忘録がわりに纏めてみました。






 対島の仏像騒動に関して対島市は署名活動を続けており、1万6803人分の署名を携え、対馬市長が韓国文化財庁が直談判しました。


対馬市長、韓国に直談判…盗難仏像返還要求


 長崎県対馬市の寺社から盗まれ、韓国で見つかった仏像2体が返還されない問題で、財部(たからべ)能成(やすなり)市長が28日、韓国・大田(テジョン)市の韓国文化財庁を訪問し、早期の返還を要求した。

 同日午前、対馬市が発表した。

 市によると、市長は別の公務で27日午後に訪韓。面会調整が付いたため、28日午前、同庁の安全基準課長に市民らが返還を求めた署名簿を手渡して早期返還を訴えたという。

 仏像は国指定重要文化財の「銅造如来立像」と、県指定有形文化財「観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)」。韓国人窃盗団が昨年10月、市内の2寺社から盗んだとされ、28日午後、韓国・大田地裁で、窃盗団への判決が言い渡される予定。

 対馬市では4月下旬から、財部市長が発起人となって早期返還を求める署名活動を行い、市の人口の約半数にあたる1万6803人分が集まった。市長は27日の定例記者会見で「(盗まれた)仏像は地域の父や母であり、それを奪われたことに匹敵する。市民の気持ちを届けるのが自分の仕事」と話していた。
(2013年6月28日17時40分 読売新聞)


↓元記事 YomiuriOnline
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130628-OYT1T01037.htm?from=ylist



 同じく6月28日に、逮捕された7人全ての判決が出たことが一斉に報道されたのですが、こちらの報道はあまりされていないようです。

 ともかく、仏像返還要求に対する署名が、対島市の人口約半数分も集まったとのことです。






 基本的に日本側、韓国側の主張の是非は問わずに、国際司法裁判所で決着をつけるべき話であると伺っております。国際ルールでは、文化財不法輸出入禁止条約があり、日本、韓国双方とも加盟している。


 ↓参考記事 MSN産経ニュース「韓国の裁判 法治国家の常識はどこに」
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130228/kor13022803530000-n1.htm


 決着がどうあれ、一旦仏像を2体とも日本に引き渡せば、韓国は条約違反にはなりませんので、国際的に批難されることもありません。
 その後で、元々韓国にあった文化財であると国際司法裁判所に提訴もしくは日本側と交渉すれば、国際ルール上何の問題も無いことになります。






 この対島の仏像問題は、インターネットを中心にかなりの騒動を巻き起こしているのですが、順を追って纏めてみます。






 事の発端は、この小さな記事からスタートしました・・・

2013年1月29日 共同通信 対馬の盗難仏像、韓国に 日本政府が捜査要請

 私自身も、まさかここまでもつれにもつれるとは、夢にも思いませんでした。
 
 因みに、2013年1月29〜30日付近のニュースは・・・
 
 ・米ケリー国務長官(当時、上院議員)の指名が、米上院の賛成多数で承認
 
 ・中国の大気汚染問題
 (主にPM2.5による環境汚染、現在も自治体による警報は継続中)

 ・シリア軍による空爆疑惑
 (現在では空爆は報道もされ、化学兵器疑惑へと発展)
 
 ・アルジェリア人質事件に関連して、隣国マリへのフランス軍の空爆
 
 ・八ッ場ダム工事着工
 
 ・女子柔道のパワハラ問題
 (現在は、セクハラも含め、全日本柔道連盟の多岐に渡る問題へと広がっている)

 ・iPS細胞に政府予算90億円

 ・福島の人口流出防止に、政府100億円の予算

 ・福島2000ヘクタールの米作付け解禁

 ・元横綱大鵬さんの通夜に、王貞治氏別れの言葉

 ブログを休んでいた時期で、自戒の意味でもさっくりですが調べてみました。
 他にもあるのですが、確かにどれも大きなニュースです。ただ、その後に何が大きな問題になるのか?実際に起こった時点では、分からない物ですね・・・


 その後、仏像盗難の容疑者の裁判が始まる前に、韓国側から驚きの判断が下された。

2013年2月26日 盗難仏像、日本への返還差し止め 韓国裁判所

 この韓国地裁の判断に業を煮やしたのか、菅官房長官から公式発表。これで公式に外交ルートを通じて仏像の返還要求が始まった。

2013年2月27日 外交ルートで返還要求 韓国で回収の仏像 官房長官

 そして韓国側の浮石寺から、問題が大きくなり過ぎた為か、急遽対島の観音寺を訪問した。

2013年3月14日 韓国:浮石寺僧侶らが、対島:観音寺を訪問。結局面会せず

 慰労とコメントしているが、結果として観音寺関係者や対島住民の感情を逆なでする結果となった。
 予定していた日韓市民交流のアリラン祭も中止となる。

2013年4月17日 「アリラン祭」を削除へ 対馬市商工会支部が「抗議」の決定

 この話も、どう捉えれば良いのか?理解に苦しむのだが、韓国側の専門家が仏像は偽物の可能性があると報道された。

2013年6月13日 共同通信 対馬の盗難仏像は偽物の可能性 専門家分析と韓国紙

 税関をくぐり抜けたのは、仏像が偽物と判断された為だと記事に書かれている。

 ところが裁判では・・・

2013年6月28日 韓国窃盗h犯6人に有罪判決 仏像は没収

 地方裁とは言え、無罪1人、執行猶予付が3人、主犯格の3人は有罪判決が下った。記事にも書かれているが、仏像は本物だと公的に判断されています。






さいごに


 纏めてはみましたが、やはりスッキリしない話になります。
 韓国側でも色々あったようですが、カルトっぽい宗教団体も見え隠れしましたので、そちら方面を考慮して割愛しています。

 以前から気づいて居ましたが、纏めの作業中にほぼ確信しました。どうも韓国国内でも仏像の返還差し止めに関してだけでも、ごたごたしているようです。
 あまり聞こえては来ませんが、どうやら仏像を日本に返還する方向性で動いている人達も少なからず居るようです。
 先にも説明しましたが、この仏像問題は文化財不法輸出入禁止条約に抵触しており、このままでは韓国が国際的に非難されたとしても、国際ルール上仕方の無い話になります。


 それにしても、実行犯は逮捕されただけで7人(1人無罪)。
 少なくとも、それなりのグループで活動していたことが、地方裁の判決によって明確になりました。

 近年日本国内で相次いだ仏像の盗難事件と関連性があるのか?気になるところです。






2013年1月29日 共同通信 対馬の盗難仏像、韓国に 日本政府が捜査要請


対馬の盗難仏像、韓国に 日本政府が捜査要請


 【ソウル共同】昨年10月に長崎県対馬市の神社や寺から盗まれた仏像2体が韓国南部・釜山港から同国内に持ち込まれていたことが分かった。日本政府が韓国側に捜査と仏像の返還を要請している。聯合ニュースが29日報じた。

 仏像は、海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」と観音寺の長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」。いずれも朝鮮半島で作られ日本に渡ったものという。

 釜山の税関によると、仏像は昨年10月8日に盗まれ、同日中に何者かが福岡発のフェリーで釜山港に持ち込んだ。
2013/01/29 14:06 【共同通信】


↓元記事 47News(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012901001630.html



一覧へ






2013年2月26日 盗難仏像、日本への返還差し止め 韓国裁判所


盗難仏像、日本への返還差し止め 韓国裁判所

2013.2.26 22:32 [韓国]


 昨年10月に長崎県対馬市の神社や寺から盗まれた仏像2体が韓国で回収された問題で、韓国中部の大田地裁が26日、うち一体について、韓国政府による日本への返還を当分差し止める内容の仮処分決定を出した。聯合ニュースが伝えた。

 日本政府は文化財不法輸出入禁止条約に基づき仏像の返還を求める方針で、韓国政府や裁判所は条約履行と仮処分決定の順守義務のどちらを優先するか検討を始めたもようだ。

 問題の仏像は長崎県指定の有形文化財で対馬市の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」。韓国中部、瑞山にある浮石寺が、同像は14世紀に同寺で作られたと主張。長崎で盗まれた後韓国に密輸された像を発見、保管している韓国政府による移転禁止を求める仮処分申請を同地裁に行っていた。

 同地裁は、観音寺がこの像を正当に取得したことが訴訟で確定するまで、韓国政府は日本政府に引き渡してはならないと判断した。(共同)


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130226/kor13022622330008-n1.htm



一覧へ






2013年2月27日 外交ルートで返還要求 韓国で回収の仏像 官房長官


外交ルートで返還要求 韓国で回収の仏像 官房長官

2013.2.27 21:10 [外交]


 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、長崎県対馬市の寺から盗まれ、韓国で回収された仏像を返還するよう韓国政府に求める考えを示した。韓国の地裁が日本への返還を当分差し止める仮処分を26日に決定したことに関し「外交ルートを通じて、国際法に基づき速やかな返還を求めたい」と述べた。


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130227/plc13022721100011-n1.htm



一覧へ






2013年3月14日 韓国:浮石寺僧侶らが、対島:観音寺訪問。結局面会せず


「速やかに返還すべきだ」 仏像盗難で観音寺住職 韓国僧侶は「返還は期待しづらい」

2013.3.14 19:02


 長崎県対馬市の観音寺から県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」が盗まれ、日本政府が韓国政府に返還を求めている問題で、仏像をもともと所有していたと主張する韓国の浮石寺の円牛僧侶らが14日、対馬市を訪れた。観音寺側は面会を拒否した。

 田中節竜住職(37)は取材に「仏像を盗まれ、失った悲しみや怒りは理解しているはずで、速やかに返還すべきだ。今は会うことはできない」と述べた。

 会見を開いた円牛僧侶は「残念だ。浮石寺も過去3度、仏像盗難に遭っており、慰労の気持ちを伝えたかった」とコメント。返還については「韓国側から返す積極的な動きは期待しづらい。話し合い、円満に処理したい」と述べた。

 この問題で菅義偉官房長官は14日の記者会見で、韓国人僧侶が「かつて所有していた」などと主張していることについて「僧侶の言う意味が分からない。わが国は韓国政府に返還を要請しており、そこは全く変わらない」と述べた。


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130314/trd13031419040017-n1.htm



写真: 仏像が盗難に遭った観音寺を訪れた、韓国・浮石寺の円牛僧侶(中央右)ら=14日午後、長崎県対馬市


一覧へ






2013年4月17日 「アリラン祭」を削除へ 対馬市商工会支部が「抗議」の決定


「アリラン祭」を削除へ 対馬市商工会支部が「抗議」の決定

2013.4.17 21:23


 長崎県対馬市の観音寺から盗まれた観世音菩薩坐像について韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決めた問題を受け、市最大のイベント「厳(いづ)原(はら)港まつり対馬アリラン祭」の運営主体である対馬市商工会青年部厳原支部は17日までに、祭りの名称から「アリラン祭」を削除することを決めた。上部団体である同祭振興会は5月中旬までに新名称を最終決定する方針。

 同祭は、対馬と朝鮮半島の交流の象徴として30年以上続けられてきた。メーンイベントは李氏朝鮮の外交使節団「朝鮮通信使」の再現パレードだが、これも中止される可能性もある。

 関係者によると、祭りの運営費のうち約400万は住民の寄付でまかなわれてきたが、仏像盗難問題を受け「韓国との交流イベントに金を出したくない」と拒む人が相次ぎ、必要な資金が集まらない可能性が出てきた。このため、厳原支部は4月6日の総会で、韓国への抗議の意志を示すために名称変更する方針を全会一致で決めた。


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130417/crm13041721240017-n1.htm



一覧へ






2013年6月13日 共同通信 対馬の盗難仏像は偽物の可能性 専門家分析と韓国紙


対馬の盗難仏像は偽物の可能性 専門家分析と韓国紙


 【ソウル共同】長崎県対馬市で昨年10月に盗まれ韓国に持ち込まれた長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」について、韓国紙、朝鮮日報は13日、韓国の専門家が偽物の可能性があると指摘したと報じた。

 この仏像について韓国中部の浮石寺と信徒組織などは、14世紀に同寺でつくられ日本に略奪されたものだと主張。韓国の大田地裁は今年2月、日本への返還を当分差し止める仮処分を決めた。

 日本側は地裁の判断や浮石寺側の姿勢に反発しており、韓国側に返還を求めている。

 仏像は韓国に持ち込まれた際、釜山港の鑑定官が「模造品」と判断し税関を通過した経緯がある。
2013/06/13 12:19 【共同通信】


↓元記事 47News(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061301001044.html



一覧へ






2013年6月28日 韓国窃盗h犯6人に有罪判決 仏像は没収


韓国地裁、対馬の仏像窃盗事件で6人に有罪判決…仏像は没収

2013/06/28(金) 17:04


  韓国中部の大田地裁は28日、長崎県対馬市の寺や神社から仏像2体を盗んで韓国に運び込み、文化財保護法違反罪などに問われた韓国人の男7人の判決公判で、主犯格の兄弟の兄(74)に懲役4年、弟(66)ら2人に懲役3年の有罪判決を言い渡した。複数の韓国メディアが報じた。

  男ら3人は2012年10月、長崎県対馬市の海神神社から「銅造如来立像」(国指定の重要文化財)、観音寺から「観世音菩薩坐像」(県指定の有形文化財)を盗み出した容疑で起訴されていた。

  残る4人のうち3人は、仏像の運搬に関与したとして懲役1年−1年6カ月、執行猶予2−3年の有罪判決、通関手続きを助けた容疑で起訴された男(61)には、盗まれた文化財とは知らなかった可能性があるとして無罪判決を下した。

  裁判所は、判決と同時に押収していた仏像2体を没収した。現在仏像は、韓国の国立文化財研究所に保管されている。

  韓国メディアは、裁判所の「没収」は、仏像が韓国に帰属したことを意味するのではないと説明した。(編集担当:新川悠)


↓元記事 サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0628&f=national_0628_045.shtml



↓YouTUBE 『 対馬の仏像窃盗事件で韓国裁判所、6人に有罪判決 』

http://youtu.be/3hvYsp8N4SM


一覧へ



posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐アフガン米司令官を解任に追い込んだ青年記者=マイケル・ヘイスティングスが交通事故死

2013年06月20日 17:40

 速報で交通事故による死亡だと報道されますが、事故状況が詳しく報じられていません。






米軍司令官解任の引き金、暴露記者が交通事故で死亡

2013年 06月 19日 15:56 JST


[ロサンゼルス 18日 ロイター] - アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官解任の引き金となった記事を書いたマイケル・ヘイスティングス記者(33)が18日、米ロサンゼルスで起きた交通事故で死亡した。記事を寄稿している米オンラインニュースサイト「バズフィード」が明らかにした。

同サイトの編集長は、「ヘイスティングス氏の訃報に衝撃を受けている。マイケルは恐れ知らずの記者で、戦争から政治のニュースまで読者を惹きつける才能の持ち主だった」とコメントを発表した。

ヘイスティングス氏は2010年6月、米ローリング・ストーン誌で「The Runaway General(逃亡する将軍)」と題されたマクリスタル司令官の記事を執筆。この中で、司令官はバイデン副大統領ら政権高官を中傷する発言を行い、解任につながった。


↓元記事 ロイター通信(日本語版)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE95I04Z20130619



 なぜか?ロイターは司令官の写真を貼り、当のマイケル・ヘイスティングスの写真を貼っていない。


michael-hastings-fight.jpg
写真1 : マイケル・ヘイスティングス






 英文になるが、そのバズフィード(BuzzFeed)による第一報。






BuzzFeed is saddened to report that Michael Hastings died in a car accident early this morning in Los Angeles. He was 33.

posted on June 18, 2013 at 6:47pm EDT


Ben Smith, BuzzFeed Editor-in-Chief, said in a statement:
We are shocked and devastated by the news that Michael Hastings is gone. Michael was a great, fearless journalist with an incredible instinct for the story, and a gift for finding ways to make his readers care about anything he covered from wars to politicians. He wrote stories that would otherwise have gone unwritten, and without him there are great stories that will go untold. Michael was also a wonderful, generous colleague, a joy to work with and a lover of corgis ― especially his Bobby Sneakers. Our thoughts are with Elise and and the rest of his family and we are going to miss him.


↓元記事 BuzzFeed
 http://www.buzzfeed.com/buzzfeed1/michael-hastings







 なぜ?こんなにも生々しい現場映像が残っているのか?
 大きく釣られている可能性はあるが、紹介しておく。






 事故現場の生映像による報道

↓YouTUBE 『 Journalist Michael Hastings Dies in Fiery Crash / Hollywood RAW FOOTAGE 』

http://youtu.be/3LSY3wVuASg


 先の映像は、報道でも使用された


↓YouTUBE 『 Michael Hastings Dead .."It Sounded Like A Bomb Went Off In The Middle of The Night" 』

http://youtu.be/s-1KzlL9fJM


 付近の住民は口を揃えて、『 爆発音のような音が聞こえた 』 と証言している。

 エンジンが道路脇にある点にも触れている。






 色々感じるところはありますが、何か出てくるまで待つことにします。
 何よりアフガンから、この件は全然詳しくありません。


 33歳、仕事盛りで、まだまだこれから。

 それにしても、重要な告発者が、また交通事故ですか・・・






 ともかく情報として、紹介しておきます。


<追加分>


 陰謀論者として世界一有名なアレックス・ジョーンズ氏によるThe Alex Jones Show(6月20日放送分)の中で触れられている。

↓YouTUBE 『 The Alex Jones Show:(1st HOUR-VIDEO Commercial Free) Thursday, Jun 20 2013: David Knight 』

http://youtu.be/jTpGDbJodVQ

 やはり、不可解な点に言及しているようだ。


 例の告発集団ウィキリークスが 『 彼はFBIから調査されていた 』 と告発したことをテーマにニュースで取り上げている。

↓YouTUBE 『 Hours Before His Death Michael Hastings Contacted Wikileaks Attorney Said FBI Was Investigating Him 』

http://youtu.be/n0XSV1ETzwE


 これが、その問題のツイート。

Wikileaks.jpg
https://twitter.com/wikileaks/status/347475869629022208


<削除分>

↓YouTUBE 『 New Footage Just Released! Political Reporter Michael Hastings Dies in Terrible Fiery Crash. 』

http://youtu.be/gQZNP-iLtjs
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

揺らぐ中国の威信 今度は毒入りピータン発覚 と もはや水?相次ぐ経済統計の水増しは最大で4倍も

2013年06月17日 23:59

 G8サミットと元CIA職員の告発に関するニュースに注目が集まっていますが、こちらのニュースも捨て置けません。

 備忘録がわりに転載まで。






毒入りピータン


 昨日も重要なニュースが多過ぎて、こちらの報道もあまりされていなかったようです。
 また、中国食品に毒物混入が発覚しました。今度は、毒入りピータン。

中国でピータン加工に工業用硫酸銅 当局が全国検査指示、30社処分

2013.6.17 13:14 [食の安全]


chn13061713160001-p1.jpg 17日付の中国紙、新京報によると、江西省南昌県でアヒルなどの卵を熟成させたピータンの製造に、有害物質の工業用硫酸銅が違法に使われていたことが分かり、国家食品薬品監督管理総局は関係部門に対し、全国のピータン加工会社を対象に検査を実施するよう指示した。

 また南昌県の地元当局は既に県内の加工会社の調査に乗り出し、30社を生産停止処分にした。

 ピータンはアヒルの卵を石灰や塩、泥にまぶして熟成させた中国料理の食材。同県の一部加工会社では熟成の期間を短縮する目的で、工業用硫酸銅が使われていた。工業用硫酸銅には鉛など人体に有毒な物質が含まれているという。(共同)


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/photos/130617/chn13061713160001-p1.htm



 実は、ピータンは危ない との話は口コミでかなり昔から聞いていた。
 元々好んで食べる程の食品ではなかった為に、私は敢えて摂取していなかった。

 今頃になって、噂話の裏付けがとれる報道がされたことになる。


 気になるのは、日本に輸入されているピータンに関する情報。
 J−CASTさんによると、こう書かれている。


現在、横浜・中華街を中心に日本で食されているピータンは中国からの輸入品だが、輸入元によると、ほとんどが「青島皮蛋」といって山東省微山湖付近でつくられているという。

↓元記事 J−CAST
http://www.j-cast.com/2013/06/17177434.html?p=1



 一応、今回発覚したのは、江西省 南昌県。
 日本に輸入されているのは、山東省 微山湖付近。
 ・・・と、産地が違う点が指摘されている。


 一方で食品用の硫酸銅は、日本でも基準濃度以下であれば使用が認められており、薬品にも含まれている。

 問題となる工業用硫酸銅には、危険物として知られている重金属などが不純物として含まれているからだ。


工業用硫酸銅でピータン加工、中国当局が生産停止命令

2013年6月18日(火) 05時42分


【中国】工業用の硫酸銅で加工された皮蛋(ピータン)が見つかった事件について、江西省工商局は15日、30社に対して問題製品の生産・販売を全面的に禁じたと発表した。

 同省中部の南昌市を中心に、工業用硫酸銅の違法食品添加が広がっている事実が発覚したため。南昌市の全国皮蛋シェアは最大で15%に上るとされる。

 国営テレビの中央電視台(CCTV)による14日の暴露報道を受けた措置。南昌禽蛋加工廠などが江西銅業(358/HK)製の工業用硫酸銅を使用し、食用に適さないことを知りながら食品に添加していた事実をCCTVが明らかにした。工業用の硫酸銅には、ヒ素、鉛、カドミウムなどが不純物として含まれている。工業用の硫酸銅を違法使用すると、生産期間が約1カ月ほど短縮され、コストの引き下げにつながるという。


↓元記事 日本語相好情報サイト タイランド
http://www.newsclip.be/article/2013/06/18/18000.html



 一般にも危険だと認知されている ヒ素、鉛、カドミウム などの物質が明記されている。

 勿論、例え食品用硫酸銅であっても、基準を超えた時点で毒物になる。






 次は、経済統計の水増しが発覚。連鎖的に公表値の水増しが発覚している。
 こうなると、中国のGDPや経済成長率の報告も・・・、となるがここは大人に徹することにする。






もはや水?経済統計の水増し相次いで発覚、何と4倍も

中国、水増し統計相次ぐ 貿易統計は7兆円過大 地方都市の工業生産額も

2013.6.17 18:11


fnc13061718170011-p1.jpg 中国で経済統計の水増しが相次ぎ発覚、公式発表への信頼性が揺らいでいる。貿易統計は架空取引により750億ドル(約7兆円)も水増しされた疑いがあり、地方当局が工業生産を4倍近くに過大報告していたことも判明。政府は対応を迫られている。

 中国税関総署によると、1〜4月の中国から香港への輸出は前年同期比69・2%増の1451億ドルに急拡大。しかし当局が架空取引を取り締まった結果、5月の輸出は1〜4月より大きく低下。中国紙、21世紀経済報道によると、1〜4月の貿易統計に計上された架空取引の金額は750億ドルに上ったとの指摘がある。

 また、国家統計局は6月14日、広東省中山市横欄鎮が2012年の工業生産額を62億9千万元(約970億円)も水増ししていたと明らかにした。公表額は85億1千万元だったが、国家統計局が調べると、実際は22億2千万元しかなかった。(共同)


↓MSN産経ニュース(共同通信)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130617/fnc13061718170011-n1.htm


写真: 中国江西省の貿易港=9日(共同)


 この表現が的確なのだろうか・・・
 
 記事では地方当局となっているが、とにかく公的機関がマネーロンダリングや虚偽報告をしていたことになる。






 食べ物に、公的機関の公表値。
 一国民としては、絶対に妥協してはならない。

 中国の食品は、他にも色々と聞こえており、長年噂話の域を越えなかったピータンが事実となった。
 出来れば、食するときに気を付けて頂きたい。


 一方で、工業製品の生産額が4倍も水増しされていた件だが・・・
 幾ら何でも、水増しが4倍まで行き切ってしまうと、もはや信用しろと云う方が無理な話になってしまう。


 どちらも中国が深刻な状況に追い込まれていることに変わりは無い。
 そろそろ、日本人も 『 性善説 』 なる幻想を捨てて欲しいものだ・・・。
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ反政府デモ? と 軍仕様並の高性能ガスマスクを着用する一般市民?達

2013年06月15日 10:26

 今、日本だけで無く、世界中で同時に色々と重要なことが一気に起きています。
 (さすがは、2013年ですね・・・、一気に来ました。)

 全てを拾いきれる訳も無いのですが、かなりの内容に関して、平時であれば一面トップになって良い内容ばかりでは無いでしょうか?

 ところが、日本の報道は、相変わらず日本野球機構にご執心。
 (日本にとってマイナスになる天下りの切り崩しをしてくれるのであれば、それはそれで意味はあります)


 早速ですが、トルコ情勢に入ります。






 先に、軽く説明しておきます。
 イスタンブールにあるタクシム(タクスィム)広場が頻繁に世界報道で使用されています。


報道されているタクシム広場


caption.jpg
写真1 : 平時だった頃のタクシム広場

 海外の記事では、Taksim Protestersなる聞き慣れないワードが頻繁に使われます。タクシム広場での抗議者達ぐらいの訳でしょうか。

 タクシム広場は写真からも分かるように、観光地としても有名で、イスタンブール市民の憩いの場でもあります。

 現在は、この広場を中心として世界的に報道されています。






 シリアは内戦状態で、少なくとも既に平時ではないイメージで相応しいのでしょうが・・・

 隣国のトルコ、特にオリンピック誘致活動中のイスタンブールが大変な事態になっていることは日本でも報道されています。

 先の”アラブの春”と称されている一連の動きですが、アラブ諸国の盟主エジプト、北アフリカの盟主と云って良かったリビア、ヨーロッパ諸国との橋渡し役トルコまで来ました。シリアも重要な役割を担っていたはずです。残るは、シーア派の盟主イランぐらいでしょうか・・・?






トルコ イスタンブールの現状


 問題は、報道で使われる言葉による違いです。
 言葉の定義は色々とありますが、実社会において境目があいまいな言葉だらけになります。

 デモ、市民革命、混乱、暴動、暴徒、内乱、内戦、諜報活動、破壊工作、テロ、陰謀

 言葉が発するイメージにおいて、人それぞれ捉え方が異なるはずです。


 余計な脚色の無いトルコの現状を伝える生映像を、幾つか紹介しておきます。
 恐らく、どの表現が正しいかは、見る人にとって異なるとは思われます。


↓YouTUBE 『 Video: RT crew teargassed as Istanbul burns in protests 』

http://youtu.be/lI6r3kQZqO8


↓YouTUBE 『 Restless Taksim: Turkey night lit with tear gas shots & belches 』

http://youtu.be/h-OWhc4qDcI


↓YouTUBE 『 Fire chaos in Turkey as police fiercely disperse Taksim protesters 』

http://youtu.be/zOX8KGxaT2o


 時間が惜しいのでRussia Todayばかりになりましたが、生映像ばかりチョイスしておきましたので、ご了承を。
 一番古い映像でも、6月11日公開になります。


 少なくとも、催涙弾や花火が飛び交っており、出火による煙も酷い状況です。
 ガスマスク無しでのデモ継続は厳しい現状が見えてきます。






 さて、シリア情勢込みで、トルコの件だけでも世界中で様々な情報が錯綜している訳ですが・・・

 AFP通信からは、少し変わった報道もされています。






手製ガスマスクで身を守れ!トルコ反政府デモ

2013年06月10日 15:36 発信地:アンカラ/トルコ

url.jpg

【6月10日 AFP】反政府デモが続くトルコ・アンカラ(Ankara)のクズライ(Kizilay)広場では、警察当局の催涙弾に備え、ペットボトルや食品用ラップなどで手作りしたガスマスクをかぶってデモに参加する人々の姿も見られる。

 デモが10日目に突入する中、イスラム系政府を10年間にわたって率いるレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)首相は9日、支持者らを前にした演説で「忍耐にも限度がある」と強い語調でデモ隊に警告した。(c)AFP


↓元記事 AFP通信(日本語版)
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2949348/10881550


写真: トルコの首都アンカラ(Ankara )のクズライ(Kizilay)広場で、手作りのガスマスクを装備したデモ参加者(2013年6月9日撮影)。(c)AFP/MARCO LONGARI


 一見、微笑ましく感じる風景でもあります。
 ただ、一般市民が高額で貴重な軍仕様のガスマスクが手に入らないことも、見えてきます。
 (デモが終わったら、ほぼ要らなくなる物ですしね・・・)






 トルコの情報は、残念ながら落ち着くまでに色々と時間がかかりそうです。
 
 
 ただし、シリアやリビアと比較して、トルコは世界の報道陣に取材の開示が許されており、色々と写真からも見えてきます。
 インターネット上で公開されている写真なのですが、トルコかどうかの判断は別にして、トルコと明記された写真のみをかき集めてみました。






 まず、催涙弾を使う側は、ガスマスクが必須アイテムになります。


riot-police_1395202i.jpg
写真2: イギリス・テレグラフ紙によるガスマスクを着用したイスタンブール警官隊


d9098_130602213205-11-turkey-protests-0602-horizontal-gallery.jpg
写真3: 催涙弾を打つ警官隊


 報道陣もガスマスクを着用


169703934.jpg
写真4: ガスマスクを着用した報道カメラマン


 ここまでは組織も直ぐに想像がつき、素直に納得も出来ます。


 トルコは現在も経済成長が著しい国の一つに数えられ、軍仕様並のガスマスクも比較的容易に手に入るとは予想は出来ます。

 それにしても・・・


軍仕様並のガスマスクを着用した抗議デモ?の市民?達


AFP_Getty-520436318.jpg
写真5: AFP通信でも使用された、高性能ガスマスクを着用した若者


 以下、写真説明を割愛。

4fe6d_130603190804-13-turkey-0603-horizontal-gallery.jpg

130603070907-02-turkey-protest-0603-horizontal-gallery2.jpg

130602080745-02-istanbul-protests-0602-horizontal-gallery2.jpg

054d7_130601091556-01-turkey-protests-0601-horizontal-gallery.jpg

499e6_130601092432-12-turkey-protests-0601-horizontal-gallery.jpg

e9dc2_130601092615-15-turkey-protests-0601-horizontal-gallery.jpg

↓元サイト Best Web News Online 「 Is Turkey the next Arab Spring? 」
http://sandbox.webflippingcourse.com/widespread-protests-pose-challenge-to-turkeys-prime-minister-cnn-international-2/



iPhoneGasMask.jpg

↓元サイト ROARMAG.org 「 Turkey: the triple strike that could change everything 」
http://altwire.utne.com/rt/occupy_new/next-story/64524a35376c416c686d46594f73742b2b77686264413d3d



700_lvwv1vml3ywjqty4toso5wpmepq9vajz.jpg

700_5xvopjfgafka6gldtp6ubhvcwmplirth.jpg

700_qcb9buokh5esnsxi5kjy5ryhwoeqv1kd.jpg

700_1psp4jcqvrjra5yjjzrikerv8j2qll0u.jpg

700_c2lvponc6b6gtxeq7h6rzdn0tmbz4au7.jpg

700_eo0gdyrimsrymafgn3nmlabovyy90bdy.jpg

700_xmoxbrxz9v8byej8mj383am6bbd2p1xb.jpg

700_ujscfpcsxbnwsqyygnw6rre4lhrs9xsu.jpg

700_suu4cuonjeg7b50prillnz4ff6ayzsrt.jpg

700_yn6bzvyicog14snnps3qmipvlbjpnaxc.jpg

700_jpffkfcbbdhdkbpvppcn47zupzsx8zhb.jpg

↓元サイト Istanbul , Turkey- IN PHOTOS: Turkish Riot Police Clash In Istanbul Square
http://www.vosizneias.com/133012/2013/06/11/istanbul-turkey-in-photos-turkish-riot-police-clash-in-istanbul-square/



s_t07_70322116.jpg

s_t08_70322681.jpg

s_t12_70319108.jpg

s_t15_RTX10JCH.jpg

s_t17_70324663.jpg

s_t19_RTX10JB4.jpg

s_t21_70318331.jpg

s_t22_70320646.jpg

s_t24_70318304.jpg

s_t27_70323128.jpg

s_t31_70320349.jpg

s_t33_70320680.jpg

s_t35_RTX10JNW.jpg

s_t38_49998454.jpg

↓元サイト In Focus 「 Riot Police Retake Istanbul's Taksim Square 」
http://www.theatlantic.com/infocus/2013/06/riot-police-retake-istanbuls-taksim-square/100532/






 軍仕様並のガスマスクに、発煙筒と火炎瓶にパチンコ・・・
 
 余談ですが、軍隊や破壊工作活動のゲリラ戦マニュアルにも、確か書いてありますよね・・・


 当然と云えば当然なのでしょうが、高性能ガスマスクを着用した人物達がデモ集団の先頭に立っています。
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア情勢 相次ぐロシアからの武器輸入 アサド:「外国人のテロリスト10万人がシリアで戦っている」

2013年05月31日 23:59

 EUがシリアへの武器輸出禁止を解除し、ロシアがシリア政府側に武器輸出を続けている。
 
 こうなってくると、冷戦下の代理戦争の様相を呈してきているのだが、相変わらずこの件に関してはアメリカは大人しくしている。
 例の化学兵器疑惑を熱心に追求しているのもフランスがメインになっており、オバマ政権になってから米軍による海外の軍事展開は縮小方向へ進んでいる。

 先に、ロシアが防空ミサイルS−300(報道によってはC−300、ブログ内ではS−300で統一)をシリア政府に輸出するとの報道。






ロシア、シリアに対空ミサイル供与へ 内戦拡大の懸念高まる

2013年05月29日 06:56 発信地:ダマスカス/シリア

シリア北部アレッポ.jpg

【5月29日 AFP】ロシアは28日、シリア政府に高性能対空ミサイル「S300(S-300)」を供与すると発表した。各国からの非難をよそに発表されたこの決定に、シリアで続く内戦の拡大を懸念する声がいっそう高まっている。

「S300」は、航空機や、北大西洋条約機構(NATO)がシリアのトルコとの国境に配備している「パトリオット(Patriot)」のような他の地対空ミサイルを迎撃することが可能。ロシアは今回のミサイル提供は既存の契約の一部だとしている。

 ロシアのセルゲイ・リャプコフ(Sergei Ryabkov)外務次官は、「このミサイル提供が安定化要因になるとわれわれは考えている」と語り、同時に外国からの介入に対する抑止力ともなりうると付け加えた。

 ロシアのこの発表に対してイスラエルは、もしロシアが実際にミサイル供与を行えば、対抗措置を講じると警告した。

 これらの動きは、欧州連合(EU)が27日にシリア反体制派に対する武器禁輸の解除を決定したことで増した緊張を、さらにあおる形となった。

 シリア政権側は、支援国のロシアとともに、このEUの決定を和平努力に対する「妨害行為」と非難。「テロリスト」を支持・奨励しているとして批判した。

一方の米国は、EUの決定は反体制派に対する「全面協力」を示すものだとして、武器禁輸解除の決定を支持すると表明。だが米国はこれまでに、過激派の手に武器がわたる危険があるとして、武器提供は行わないとしている。(c)AFP


↓元記事 AFP通信(日本語版)
http://www.afpbb.com/article/politics/2946740/10816876


写真 ・・・ シリア北部アレッポ(Aleppo)で活動する反体制派の戦闘員ら(2013年5月27日撮影)。(c)AFP/RICARDO GARCIA VILANOVA


 軍事には疎いのだが、S−300のどのクラスなのかが不明。報道が事実ならば、恐らく対輸出用に低カスタマイズされたクラスだと予想される。

 一応、ロシア側の主張は、内戦云々に関係無く、規定の契約であったとのこと。
 ロシアのミサイルは一般の注目度が低いのだが、記事に書かれている通り、かなり高性能だと伺っている。

 その証拠に、イスラエルの反応を見ると如何にロシア製ミサイルが脅威となるのかが分かる。


s300pmu2.jpg
写真1 : S−300PMU2 右手前が誘導レーダー車両 左奥が発車用車両


 報道通りにシリアに輸出されるのであれば、誘導レーダーと発射管が一体となったコンパクトなタイプだと予想される。
 ただし、高性能ゆえに使いこなすには半年相当の訓練期間が必要と考えられており、その辺りの疑問が解消されなければ、この報道を鵜呑みに出来ない。






 色々と判断に難しいところだが、記事の文面通りに、内戦拡大へ向かうのだろうか?

 S−300(報道によってはC−300)に関しては、現在も情報が錯綜しているのだが、今度はロシアの主力戦闘機ミグ29を10機以上も輸出すると報道された。






シリアにミグ29輸出へ ロシア

2013.5.31 22:53

 インタファクス通信によると、ロシアの軍用機メーカー「ミグ」のコロトコフ社長は31日、ロシア軍の主力戦闘機ミグ29を10機以上、シリアに輸出する方針を明らかにした。

 同社長は「シリアの代表団が現在、モスクワに滞在して、輸出契約の細部を詰めている」と語った。(共同)


↓元記事 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130531/mds13053122540005-n1.htm


0508_mig29-06.jpg
写真2 : ミグ29戦闘機

 F−15に良く似ていると評されるが、その通りでF−15と同等もしくはそれ以上のポテンシャルを秘めていると囁かれている。と言うのも、派生タイプが多すぎて、外見だけで性能が判断出来ないからだ。

 こちらの報道は、S−300よりも少しは納得出来るのだが、ロシアは既に次期主力戦闘機の配備を進めており、ミグ29は既にロシア国内よりも国外向けの戦闘機になっている。






 それでも疑問は残る。いくら素人でも10機以上となると、受け入れる側の体勢作りが整っているのか? 疑問に感じる。

 冷静に考えて、S−300とミグ29輸出の報道は、例え事実であったとしてもイスラエルとEUに向けての諜報合戦の一環だと分かる。

 近年立て続けに起きている中東・北アフリカの一連の動きだが、リビアまでは黙っていたロシアが、シリアになると間接的に介入してきている。
 
 国政政治が分からなくても、新世界秩序(New World Order)の根幹に関わる地域になることぐらいは分かる。


 一方で対話の場も用意されており、シリア政府は国際会議参加を既に決断、注目は反政府側になるのだが、参加にはアサド退陣が条件になると事実上突っぱねている。


 以前にも触れたが、シリアの反政府グループに誰が資金提供しているのか?が、個人的には最大の疑問になる。

 やはり、崩壊前のリビア政府が主張していた内容と同じだった。






シリア大統領、「外国人のテロリスト10万人がシリアで戦っている」

2013/05/30(木曜) 22:21


82ba9811716d84e1b6f6c90195f416b3_XL.jpgシリアのアサド大統領が、「現在、サウジアラビア、トルコ、カタールの支援を受けている外国人のテロリスト10万人がシリア国内で戦っている」としました。

アサド大統領は、レバノンのアルメナール・チャンネルのインタビューで、さらに、「シリア軍は、同国に対するシオニスト政権イスラエルのあらゆる脅迫や挑発行為に厳しい対抗策を講じる」と強調しました。

また、ロシアのミサイル防衛システムS300の第1便を受け取ったことに触れ、「シリア軍は、自らの軍事力のバランスを変えることで、テロリストたちとの衝突において多くの成功を収めている」と語りました。

アサド大統領はさらに、外国在住の反体制派の指導者たちを批判し、「シリア政府は、ジュネーブで開催される予定のシリア問題に関する国際会議に参加することを決定した」と述べました。

シリア危機は、2011年3月から始まっており、これにより、治安部隊や兵士を含めた多くの人々が死亡しています。


↓元記事 Iran Japanese Radio
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/37583



 イランのラジオ局になるが、親日国だけあって日本語のページを用意してくれている。
 私は、意味が正しく伝われたば良いと考えていますので、これはこれで歓迎したい。寧ろ、暗いニュースが多い中で、少しは安堵感を覚える。

 さて、発言内容の事実関係は分かりませんが、アサド大統領が直接発言したことは事実のようです。
 コンパクトな記事ながら、かなり重要なことが凝縮されています。

 ・ シリアの反体制グループは10万人、リビアのケースと同じく外国勢によるもので、具体的に、サウジ、トルコ、カタールと国名まで名指ししている。
 ・ 先に触れた防空ミサイルシステムS−300が一基、既にシリア国内に納入された。
 ・ 改めて、ジュネーブの国際会議には参加すると表明。


 確実な情報は、ジュネーブ会議に参加を表明していることぐらいでしょうか。

 その会議場で、化学兵器使用に関する議題も出てくるかもしれません。
 化学兵器疑惑も、どうオチがつくのか?気になるところですが、報道映像を見つけましたので、紹介しておきます。

↓YouTUBE 『 シリア内戦 化学兵器の使用をイスラエルが確認 25人以上死亡 』

http://youtu.be/Dlx81j383gA

 私にも考えるところはありますが、読者の皆さんは皆さんで判断してみて下さい。






<さいごに>


 仮に、ロシアによる武器輸出が事実かどうかは、この先判明するでしょうが、現時点では武器を巡った外交的駆け引きが活発化しています。

 事実が何であれ、世界的にシリア政府が化学兵器を使用したと判断されれば、シリア政府を支持して来た国々も支持し辛くなるのは事実です。

 今の日本は、そろどころではありませんが、シリア情勢は注目しておきたいところ。

 それにしても、”工作員なんて居ない”とのツイッターの意見が堂々と罷り通るとは、日本も平和ボケしすぎですよね・・・
posted by オオルリ@卍解 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【参考資料】 韓国で報道されている精神疾患・凶悪犯罪・性犯罪に関する報道

2013年05月22日 23:59

 今回は医学、科学、及び統計的な話がメインになります。
 精神障害と凶悪犯罪・性犯罪は、両者の関連性が強い為、掲載しておきます。


 色々と考えて、リンクの先頭 h を外してあります。
 代わりに、短縮URLを用意しました。商用サイトを経由しませんので、ご安心下さい。


 客観的な報道をチョイスしました。
 しかも、記事は韓国の大手メディアばかりです。その点をご了承下さい。






<目次>


※クリックすると読みたい記事にジャンプします。



2003年2月10日 東亜日報 20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性

2004年2月15日 東亜日報 新種の精神障害「危険水準」

2005年1月23日 中央日報 韓国人(朝鮮民族)特有の精神病に関する遺伝的特徴が明らかに

2006年4月9日 中央日報 ソウル市内の小中高生36% 精神状態に異常

2007年4月16日 中央日報 ソウル地域の小中高校生25%が“行動障害”

2007年9月12日 朝鮮日報 10代強姦発生率が、日本の10倍、アメリカの2倍

2012年7月20日 朝鮮日報 韓国の不眠症患者、4年間で2倍に

2012年9月20日 朝鮮日報 未成年者の凶悪犯罪急増






2003年2月10日 東亜日報 20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性


20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性

FEBRUARY 10, 2003 22:22 by 李成柱


この数値は、米国やヨーロッパなど先進国の平均11〜18%に比べて、2.5〜4倍に達する。

研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。また、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す。

そのため、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすく、早急に対策を立てなければならないが、社会的な認識程度が低く、適切な診断と治療が行われていない。

柳教授は、このように潜在人格障害者の比率が高いことについて、「社会的価値観が混乱している中、家庭教育の不在が『人格未成熟の成人』を量産している」と説明した。

研究チームは、今回の調査で、12種類に分けて人格障害の有無を測定した結果、1種類以上の人格障害があると疑われる人が71.2%に達した、と発表した。

具体的には、自分にこだわり過ぎて対人関係が円満でない「強迫性(49.4%)」、合理的な問題解決や人との係わりを避ける「回避性(34.7%)」、わがままで些細なことにも必要以上に反応し気まぐれな「ヒステリー性(25.6%)」、絶えずに他人を疑う「偏執性(22.6%)」の順で多かった。

権教授は、「各国の社会文化的背景によって人格障害が疑われる基準点が異なるため、それを考慮して、基準点を30点から35点と40点にそれぞれ高めて分析した場合にも、32.7%、22.8%となった」「それでも、他国より人格障害可能性の比率がずっと高い」と述べた。

延世(ヨンセ)大学心理学科の李勲求(イ・フング)教授は、「設問の内容が普遍妥当であるため、韓国社会の特殊性によって人格障害可能性の比率が高く表れたという可能性は低い」とし、「韓国社会の精神的健康について関心を持つきっかけにすべきだ」と指摘した。

今回の研究結果は、国内学術誌「精神病理」と米国の学術誌「精神医学と臨床神経科学」に掲載される予定だ。


↓元記事 東亜日報
ttp://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138
http://bit.ly/10PLGLw



目次へ






2004年2月15日 東亜日報 新種の精神障害「危険水準」


新種の精神障害「危険水準」

FEBRUARY 15, 2004 23:32


2004021674158.jpg▲鬱病患者や社会不慣れの児童が増加〓東亜(トンア)日報は精神障害実態を把握するために、ソウル新村(シンチョン)セブランス病院の1996〜2003年の精神科外来患者の疾患を分析してみた。その結果、患者数は5342人から2万9764人へと、5倍以上に増えた。特に子供の場合、367人から5254人へと、なんと14倍も増えて、小児精神障害患者が急増していることが分かった。

患者のうち、最も多い精神障害は鬱病だった。96年に全体患者の29%に過ぎなかった鬱病患者は2003年には44%に増えた。96年に最大の割合を占めた精神分裂病は2001年から増加傾向が鈍化して2位に落ちた。

鬱病の深刻さはもう数回にわたって警告されてきた。昨年10月、大韓憂鬱・躁鬱病学会がソウルに居住する20〜60歳の主婦1000人を対象に行った調査の結果、45%が軽症以上の鬱病に苦しんでいることが分かった。

子供たちの場合、社会によく適応することができない「社会的機能遂行障害」が急増した。これは家族や同じ年齢の子供たちと交わることができず、不便さを感じる障害だ。家庭ごとで1、2人の子供を生んでちやほや育てるために生じた副作用でもある。96年わずか11人だった患者が2003年には1120人に増えた。100倍以上の増加となるわけだ。

▲精神障害の境目が曖昧〓「私の耳に盗聴装置がうめこまれている」と言えば、間違いなく精神障害者だ。精神分裂症であることも、不安障害や人格障害である可能性もある。

しかし「誰か私のことについてひそひそ話している」と言うと、状況は複雑になる。この場合も精神障害に当たるだろうか。社会が複雑になって各種の問題が発生し、精神障害の境目が曖昧になっているという話だ。

ソウル大学病院神経精神科のユ・インギュン教授は「最近、衝動調節障害と人格障害患者が急速に増えている」と話した。さらに同教授は「すぐに満足を追い求める社会的雰囲気によって、過去には疾病に分類されなかった新種の精神障害が個人はもちろん、社会までを脅かしている」と付け加えた。

特にショッピング中毒、賭博中毒、ゲーム中毒、セックス中毒などの各種の中毒の場合、人々が病気として認めない傾向が強い。しかし、これは感情を抑制することができない衝動調節障害で、深刻な精神障害につながる可能性が大きい。

同教授は「中毒者の脳を撮影してみると、前頭葉の感情調節中枢がかなり損傷されていることが分かる」とし「早期に治療しなければ危険な場合もある」と話した。

▲早期発見が重要〓延世(ヨンセ)大学のセブランス病院神経科の閔聖吉(ミン・ソンギル)教授は「精神障害を誘発する要因を検討する際は、遺伝的要因はもちろん、患者の体質、幼い頃の行動特徴、性格、対人関係、家族力などを総合的に考えなければならない」と話した。

また、同教授は「精神障害患者を『精神病者』と呼んで、社会的に烙印を押してしまう偏見を捨てなければ、早期発見は難しい」と話した。甚だしくは家族さえ外部に知られないように隠す傾向が強いという。

普通、精神障害者は疾患別に少しずつ違うが、ほとんど前触れの症状が現れる。したがって患者の行動変化に気付くのが一番大事だ。それだけに家族の助けが必ず求められる。


↓元記事 東亜日報
ttp://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2004021674158
http://bit.ly/gPuCXD



目次へ






2005年1月23日 中央日報 韓国人(朝鮮民族)特有の精神病に関する遺伝的特徴が明らかに


韓国型精神分裂病の遺伝的要素を発見

2005年01月23日16時00分

[(c) 中央日報/中央日報日本語版]


西洋の人にはなく、韓国人の精神分裂病患者にのみあらわれる遺伝子の変移が、韓国内の研究陣によって確認された。

蔚山(ウルサン)医大・ソウル峨山(アサン)病院の宋奎暎(ソン・ギュヨン、生化学科)、金昌潤(キム・チャンウン、精神科)教授らは23日、精神分裂病の患者320人と正常な人379人を対象に、体内のCOMT(カテコール−0−メチル基転移酵素)遺伝子の一塩基変異多型(SNP、特定遺伝子の変移)を調べたところ、72番のアミノ酸が「アラニン」から「リン酸」に変わる場合、精神分裂病の危険性が高まることが分かった、と発表した。

今回の研究結果は、遺伝体研究分野の米学術誌「ヒューマンジェナティックス」(Human Genetics)の今年1月号に掲載された。


↓元記事 中央日報
ttp://japanese.joins.com/article/855/59855.html
http://bit.ly/dVGIkS



目次へ






2006年4月9日 中央日報 ソウル市内の小中高生36% 精神状態に異常


「小中高生36%、精神健康に異常」

2006年04月09日18時54分
[(c) 中央日報/中央日報日本語版]


ソウル市小中高生の3分の1以上が、精神健康に問題がある、とのことが調査により分かった。ソウル市小児・青少年精神保健センターが、ソウル市内の小中高校19校の保護者、生徒約2700人を対象に調査を行って分かったもの。

民放MBCテレビ(文化放送)の番組『PD手帳』は、4月下旬の正式な発表に先立ち、ソウル大病院が提供した同資料を11日の番組を通じて公開する。それによると、調査対象2700人余の刺激域(反応を起こしうる最少の刺激)を含ませた場合、少なくとも1個以上が診断された患者数が955人(35.8%)にのぼった。

また、疾患が少なくとも1個以上重複していると診断された患者数は445人(16.7%)だった。特定の恐怖症を含む不安障害と気分障害がそれぞれ25.1%、4%で、注意力の欠乏、過剰行動障害、敵対的な反抗障害などを含む行動障害が684人(全体の25.7%)だった。『PD手帳』制作チームは、小児精神障害の実態を調べるため、25.7%の行動障害グループに含まれた児童に会い、2カ月間にわたって密着取材した。


↓元記事 中央日報
ttp://japanese.joins.com/article/546/74546.html?sectcode=&servcode=400%C2%A7code=410
http://bit.ly/ibKG5H



目次へ






2007年4月16日 中央日報 ソウル地域の小中高校生25%が“行動障害”


ソウル地域の小中高校生25%が“行動障害”

2007年04月16日08時49分
[(c) 中央日報/中央日報日本語版]


どうして注意散漫なのだろう…小学校4年生チャン・ホ君(仮名。10)は幼稚園のときから上着、かばんなどをよく忘れて出かけた。学校の授業時間中にも別のことをしたり、周囲の友達にちょっかいを出したりして授業の邪魔をした。しかられても何も変わらなかった。

チャン・ホ君は最近、病院で注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)という病気を持っていると診断された。常にそわそわして時間や所かまわず衝動的な行動をするこの症侯群は、幼稚園のときに始まり、小学校2年生になると症状がはっきり現れた。脳の機能の異常が原因で、治療も脳の異常を正す薬物治療(精神刺激剤)が優先だ。

チャン・ホ君のようにADHDの子供が全体の13.5%もいるという調査結果が出た。これまで国内医学界では4〜5%程度になるものと推算された。

ソウル市学校保健振興院は最近、ソウルに住む6〜17歳の親2672人に対する面接調査をもとに「ソウル市小児青少年精神障害保有率の調査」という報告書を発表した。調査は2005年に行われ、ソウル大病院小児精神科チョ・スチョル博士ら30余人の専門家が共同で参加した。

報告書によるとソウル小中高校生4人のうち1人の割合で行動障害があることがわかった。2672人のうち416人(15.6%)は周囲の人や学校生活など特定対象に恐怖症があった。行動障害の中にはADHDの占める割合が最も高く、敵対的反抗障害を見せる子供も全体の11.3%いた。

三星ソウル病院精神科チョン・ユソク教授は「中・高校時はもちろん小学生のときから特に注意散漫だったり、いらいらしたりするほか、成績の変化が激しい、睡眠障害などの症状を見せれば早期に精神科を訪れて積極的に治療を受けなければならない」と話している。


↓元記事 中央日報
ttp://japanese.joins.com/article/557/86557.html?sectcode=&servcode=
http://bit.ly/10LYOx6



目次へ






2007年9月12日 朝鮮日報 10代強姦発生率が、日本の10倍、アメリカの2倍


10台強姦がアメリカ 2倍だなんて…

2007年9月12日 朝鮮日報日本語版


 米FBIと日本の国立警察学校、我が国の最高検察庁が2000年から2005年まで5年間の10代青少年強姦の発生推移を調査した資料によると、2000年には日本が人口10万人当たり2.1人、アメリカが6.4人、韓国が7.3人の発生頻度を見せた。2002年には日本が1.7人、アメリカが6.7人で似た水準だったが、韓国は14.5人に急増した。2005年には韓・米・日共に減少したが、日本が1.1人、アメリカが6.0人の一方、韓国は11.5人で日本の10倍、アメリカの2倍を越えることが明らかになった。

 どうして我が国でばかり、強姦事件がたくさん発生するのだろう?これは、何より公開的で持続的な教育の不足が原因である。まだ我々の社会は性の問題を歳月が経てば自然に分かるようになる事で、公開的に討論するには不便な主題だと思っている。我が家庭と学校では、学生の学業成績だけ最優先して単に‘気を付けなさい’と被害者の立場でばかり教育が行われている。

 同時に被害にあった人を被害者と見るのではなく、身体の障害を負ったかのように見る社会の雰囲気のせいでもある。未熟な人間関係で、相手の心を正しく読めずに発生するセクハラと、個人はもちろん家庭や社会を病ませる性暴行の予防のためには、学校や職場で使い捨ての特講を脱して、持続的な教育が行われなければならない。

 少なくとも無知の招いた結果から、セクハラと性暴行を行う場合は、消えなければならない。そうするためには、人間尊重、人格尊重の文化、他人に迷惑をかけない礼節教育とともにセクハラ・性暴行に対する教育が家庭で、学校で、そして職場で討論され、教育されなければならない。


↓元記事 朝鮮日報
ttp://news.chosun.com/site/data/html_dir/2007/04/09/2007040900052.html
※会員限定のもよう



目次へ






2012年7月20日 朝鮮日報 韓国の不眠症患者、4年間で2倍に


韓国の不眠症患者、4年間で2倍に

2012/07/20 13:17


6割が50代以上

2012072001136_0.jpg 眠りたくても眠れない不眠症の患者が、ここ4年間で2倍近くに増えている。不況などによるストレスが原因と指摘される。

 韓国健康保険審査評価院は19日、2007年から11年までの診療データを分析した結果、不眠症の患者は同期間で20万7000人から38万3000人に増加したと発表した。年平均の増加率は16.7%。男女別では、男性患者が約37%、女性が約63%と、女性が2倍近く多い。また、年代別(11年基準)では50代以上が65.6%と最多を占める。不眠症患者の10人に6人以上が50代以上ということになる。

 ソウル睡眠センターのハン・ジンギュ院長は、不眠症の増加について「5年前からの世界的な不況で、昼夜を問わず働き、ストレスが増えている人が多くなったせいとも考えられる」と話した。また「1日中パソコンや携帯電話のディスプレーを見て光の刺激を受け続け、脳が疲労して眠れないケースもある」と説明した。

 高麗大学安山病院・睡眠障害センターのシン・チョル教授は「不眠症の患者は社会が複雑化し、目まぐるしく変化するようになって以来、着実に増加を続けている。原因の90%以上はストレスだが、不況のため心配事が多くなったことが影響している可能性もある」と話している。

 健康保険審査評価院は、特に女性の不眠症患者が多い理由について「韓国人女性は育児や家庭生活、仕事によるストレスが多い上、年齢に伴い体や心が男性より顕著に変化するため、より深刻なストレスを受けやすい」と説明した。不眠症の予防に向け▲昼寝をやめる▲就寝・起床時間を決め、そこから2時間以上外れないようにする▲たばこや酒、コーヒーなど睡眠の妨げになるものをできるだけ控える▲毎日少しでも日光を浴びる―などのアドバイスをしている。

キム・ミンチョル記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


↓元記事 魚拓
http://megalodon.jp/2012-0721-1243-07/www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/20/2012072001245.html



目次へ






2012年9月20日 朝鮮日報 未成年者の凶悪犯罪急増


未成年者の凶悪犯罪、5年間で2倍以上に

2012年9月20日(木)11時2分配信 朝鮮日報日本語版


 ソウル市内の高校に通っていた少年A(18)は昨年6月、中学校時代の友人から10万ウォン(現在のレートで約7000円)を借りたが、5カ月以上にわたって返済できなかった。友人による督促は日増しに激しくなった。今年1月、少年Aはソウル市九老区九老洞の公園のトイレに友人を呼び出し、持参したナイロンのひもで首を絞め殺害した。5月、少年Aは一審で懲役12年の判決を受け、服役している。

 京畿道高陽市では今年4月、家出したり、学校を退学したりした10代の少年少女らが、同じ年ごろの少女に集団暴行を加えて死亡させ、遺体を山中に埋めるという事件も発生した。

少年B(17)ら9人は、被害者が自分たちの悪口を言ったり、自分たちの言うことを聞かなかったりするといった理由で、バットなどで暴行を加えて死なせ、深夜に近くの公園に遺体を埋めたことが分かった。

 未成年者による犯罪が次第に凶暴化の一途をたどり、件数も増えている。大検察庁(日本の最高検察庁に相当)の犯罪白書によると、4大強行(凶悪)犯罪(殺人・強姦〈ごうかん〉・強盗・放火)を犯し立件された未成年者(19歳未満)は、2005年には1549人だったが、10年には3106人と、2倍以上に増加した。

 とりわけ、性的暴行(強姦)が大きな問題になっている。ソウル市冠岳区新林洞では昨年12月、少年C(16)と近所の先輩・後輩4人が、女子中学生(14)を考試院(受験生向けの貸し部屋)に連れ込み、「酒飲みゲーム」をして泥酔状態にさせた後、集団で性的暴行を加えたとして検挙された。

 性的暴行容疑で立件された未成年者は、05年の752人から、10年には2107人へと、2.8倍も増加した。これは4大強行犯罪の中では増加率が最も高い。同じ時期、強盗罪(696人→819人)や放火罪(77人→161人)で立件された未成年者も大幅に増えた一方、殺人犯はそれほど増えなかった。

 未成年者が犯す性犯罪の中では、同じ年ごろの人を対象とするケースが最も増加したことが分かった。
 大法院(日本の最高裁判所に相当)の司法年鑑によると、性犯罪(強姦罪と特殊強姦罪を除く)により、家庭裁判所で少年審判を受けた未成年者は、2002年の537人から、昨年には1695人と、3倍も増加したが、このうち被害者が13−18歳だったケースは60人から690人へと、10倍以上増加した。これは、強姦罪や強制わいせつ罪(成人を対象)で起訴された成人の増加ペースが、02年の1981人から、昨年には2337人と、比較的緩慢だったのとは対照的だ。

 未成年者がほかの人を殴打し、けがを負わせたとして少年審判を受けたケースも、02年の217件から、昨年には1487件と、約6倍も増加した。また、単純暴行事件の件数も、02年の126件から、昨年は820件へと6.5倍増加した。
 慶尚南道昌原中部警察署は今年7月、同級生をモーテルに監禁して小便を飲ませたり、たばこの火を体に押し付けたり、殴打したりした容疑で、高校3年の少年Dを逮捕した。少年Dは、被害者が気に入らないとの理由で、自分の小便を強制的に飲ませた上、殴打して気絶させ、目を覚ますと再び暴行を加えたことが分かった。

 裁判所の関係者は「性犯罪や凶悪犯罪を犯す未成年者が増加の一途をたどる中、家庭裁判所ではなく一般の裁判所で刑事裁判を受け、実刑判決を言い渡される未成年者も増えている。未成年者は暴力的な動画やポルノ動画など、犯罪を誘発するアイテムを手に入れやすく、また家庭の崩壊が深刻化しているだけに、社会的なセーフティーネットの構築が喫緊の課題だ」と指摘した。


↓元記事 朝鮮日報
※会員限定のもよう


↓参考サイト
ttp://lovecorea.exblog.jp/16308127/



目次へ






 これらの情報は、調べようとしない限り分かりません。
 インターネットの中級ユーザー以上で無ければ、ここまで探すことすら難しいはずです。
 
 医学誌などで紹介されたかもしれませんが、かといって日本人医師が声を上げることもありません。

 勿論、日本の大手メディアは、ほぼ完全に黙殺し続けています。
 組織全体としての彼らの方が、差別と区別の 『 区別 』 が出来なくなっています。
 
 これらの記事で特に注目したいのは、やはり2005年1月23日中央日報による 『 韓国人特有の韓国型精神分裂病の遺伝的要素を発見 』 の記事になります。

 今後も遺伝子レベルでの研究が進み、科学的に解明されることを期待します。
posted by オオルリ@卍解 | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。